Top > マップ > 死者の城
HTML convert time to 0.004 sec.


マップ/死者の城

Last-modified: 2015-08-01 (土) 11:00:21

宙吊りの望楼 Edit

0.png
進入可能:Lv85 適正レベル:Lv85〜86
BOSS ベッキー
適切ch:死者の城

転移を自由自在に扱える者はヒルダー1人しかおらず、
魔界と天界の間に巨大な次元の亀裂を発生させるのは容易ではなかった。
そのため、ルークには死者の城最上部から伸びる次元の道のような、
転移に代わる航行システムを準備する必要があった。
しかし、科学文明が未発達状態の魔界で、ハイテクノロジーな航行システムを作るのは不可能に近かった。
歯車とスプリングを使うような単純な構造では作れず、完成まで相当な時間が掛ると予測された。
その後、死者の城の最上部には宙吊りの望楼が建造され、次元を移動する準備までは整えることができたが、
メインシステムは依然として完成されていなかった。そこでルークはいいことを思いついた。
人間の脳を上手く使えば良質なメインシステムが作れるかもしれないと…。
それから暫くして「エルティング・メモリアル」から1体のホムンクルスが突如姿をくらました。

ルークリンゼ Edit

1.png
進入可能:Lv85 適正レベル:Lv85〜86
BOSS 巨人アルゴス
適切ch:死者の城

ヒルダーが死者の城に気がつかなかった理由は、ルークリンゼという光学研究所があったからである。
巨大なスペキュラムで光を反射、屈折させて死者の城を蜃気楼のように消し去ったのだ。
巨大なスペキュラムを利用すればごく少量の光でも集めることができた。
これによってルークは本来の力を取り戻すことができたのだ。
死者の城が天界と繋がってから大量の光が一気にスペキュラムを通して集光されたが、
これはルークが造り出した被造物たちでさえ耐えられないほどの強力なものであった。
ルークには天界の光を中和させる闇の存在が必要だった。
そこでルークは闇の被造物の中で最も光への耐性を持つアルゴスに小型スペキュラムを装着し、
全ての問題を解決したのだった。

鋼鉄のブラキウム Edit

2.png
進入可能:Lv85 適正レベル:Lv85〜86
BOSS メタルギア
適切ch:死者の城

冒険者たちは死者の城を登れば登るほど多くの疑問を抱くようになった。
何を企んで天界と魔界の間に巨大な次元の亀裂を作ったのか…。
ヒルダーの言った通り、ルークもまた邪悪な存在なのか…。
ルークは自分の手下たちを盾にし、冒険者が魔界に来るのを必死に阻止した。
敵の抵抗が激しければ激しいほど心の中の疑問は次第に大きくなっていく。
今回もまたヒルダーの思惑通りになってしまうのか…?
それとも、全てヒルダーの言った通りなのか…。
頭の中は疑問でいっぱいになっていたが、体は本能に従い敵を探し、動き回っていた。
死者の城の中央制御室を守っている機械のモンスターを倒すために…。

サラマンダーの火炉 Edit

3.png
進入可能:Lv85 適正レベル:Lv85〜86
BOSS アイアンエイム
適切ch:死者の城

サラマンダーの火炉に巨大な鋼鉄の竜が住むという噂が流れており、魔界人を恐怖に陥れている。
そう、既に彼らは暴龍王バカルによって竜の凶暴さを体感しているからである…。
しかし、これは噂などではなかった…。
闇の被造物の中でも最もおぞましい存在であるアイアンエイムがサラマンダーの火炉の中央に陣取っていた。
これだけでもサラマンダーの火炉が重要な役割を果たしていることが分かる。
死者の城で吸収されたすべての光はここを介してエネルギーに変換され、
次元の道を維持する原動力となるのだ。

光の宴会場 Edit

4.png
進入可能:Lv85 適正レベル:Lv85〜86
BOSS ゴールドクラウン
適切ch:死者の城

死者の城が吸収した全ての光は最下層の貯蔵所に移されるが、
その際、光が渦巻いて踊っているように見えることから、貯蔵所は「光の宴会場」と呼ばれている。
死者の城が魔界に姿を現してから一部の魔界人たちが光の宴会場に集まり、
光を取り戻したルークを褒め称えた。
しかし、彼らは忽然と姿を消した。この件に関しては様々な憶測が飛び交っている。
美しい光に惑わされ、死者の城に永遠に留まることを願いルークの手下になったという説と、
ゴールドクラウンの魔法によって異次元に送られたという説など…。
しかし、一つだけ確かなことは、今も多くの魔界人たちが光の宴会場を訪ね、
光と共に踊っているということである。

[スペシャルダンジョン] 王の書庫 Edit

5.png
進入可能:Lv85 適正レベル:Lv85〜86
BOSS クアトロマヌス
適切ch:死者の城

ある日を境に頻繁に悪夢を見るようになった。悪夢は常に同じ映像を繰り返して見せていた。
自らの死の様子が、数百、数千回と繰り返された。
どうにかして死から逃げようとしたが思い通りにはならなかった。
悪夢の中の私は疲れ果てた老人の姿をしていた。
堂々たる強靭な肉体はいつの間にか衰弱しており、息も絶え絶えになっていた。
そしてその息は次第に弱まっていき、やがて完全に止まった。
最後には見知らぬ者によって命を断たれるのだった…。
私を守る守護者はいない。彼らもまた命を奪われたのだろう…。私は今わの際、何かをつぶやいた。
しかし、聞きとることはできなかった。聞こうとする度に目を覚ます。恐ろしい…。
ヘブロンの王、光と闇の君主であるこのルークがそんなみすぼらしい死を迎えるというのか…?
あり得ない!私は死なない。
それが予言だと言うのならそれを変えてみせる。
私の姿をかたどった被造物を造り出し、私の代わりに死んでもらおう。
そして絶対に倒されることのない最強の戦士を造るのだ!