HTML convert time to 0.194 sec.


マップ/亡者の峡谷/絶望の塔/81-90

Last-modified: 2014-09-08 (月) 12:44:40

絶望の塔71-80F Edit

71-80F

絶望の塔81-90F Edit

81F 眞メカニックスカイ Edit

タイトル
-
キャラクター使用するスキル
眞メカニックスカイ体力ゲージ×11●クイックスタンディング
●危機のランドランナー
危機の状態異常ロボ
●コロナ
●トランスフォーム:ローリングサンダー
●トランスフォーム:ラプター
●ヴァイパーゼロ
●ランドランナー
●バーベキュー
●空中戦闘メカ:ゲイルフォース
史上最強のランドランナー
●トランスフォーム:バトルロイド
●ゲイボルグパンチ
81.png

特徴

  • 「新しい俺の能力を見せてやろうか~」
    「もう、迷わない!!!」
  • 特殊スキルを駆使する女メカニック。本体の攻撃はバーベキューのみ。主にロボの召喚で戦う。
    強力なスキルを多数使用し、死因となり得る状況が多い。難易度はかなり高い。
  • レガシー:ネイフェンのアイストリーム装備。水攻撃属性。
    ただしバーベキュー以外に水属性が乗らないのでほとんど意味は無い。
  • キャスト速度が非常に速い。火力も高いが、防御力は低い。
  • ダウン時にクール中でなければ必ずクイックスタンディングを使用し、長押しせずに即座に起き上がる。
  • 危機のランドランナーの効果で被撃時に確率でランドランナーを召喚する。
  • 特殊スキル:危機の状態異常ロボ
    危機のランドランナーの効果が発動した際に状態異常ロボを1体召喚する。見た目は色付きのスチールスマッシャー。
    動きもスチールスマッシャーと同じで頭突きで攻撃してくるが、各種状態異常効果が付与されている。
    制限時間が無く、破壊しない限り場に残り続ける。召喚の上限数はない模様。
    青:凍結ロボ 緑:拘束ロボ 黒:暗黒ロボ 桃:混乱ロボ
    凍結ロボが最も凶悪。次点で拘束ロボが凶悪。これらに捕まると何も出来ずに死んでしまうことが多い。
    氷結:[Lv.150] 7秒間 行動不可
    拘束:[Lv.150] 7秒間 移動不可
    暗黒:[Lv.150] 12秒間 的中率 0% 減少
    混乱:[Lv.150] 12秒間 混乱状態
  • 開幕と同時にコロナ→トランスフォーム→ヴァイパーゼロ→ランドランナーを順番に使用する。
    その後はダッシュで離れつつクールごとにトランスフォーム、ヴァイパーゼロ、ランドランナーを使用する。
    ダッシュはまっすぐ離れていくわけではなく、ある程度距離を取ったらその付近でうろうろし始める。
    トランスフォームはコロナ、ローリングサンダー、ラプターのうち現在装備しているもの以外をランダムで使用する。
    ローリングサンダーの放電の威力が非常に高く、食らうと瀕死〜即死級であるため注意が必要。
  • 接近時にバーベキューでプレイヤーを追い払おうとする。緊急回避ではあるが火力も決して低くない。
  • HPが9ゲージ程まで減少するとゲイルフォースを使用するようになる。ゲイルフォースは必ず2連続で使用する。
    以前はゲイルフォースを2体同時に設置してきたが、現在は2体目がその場で真下に落ちて壊れるようになった。
    以前よりも弱体化されたと言えるが、真下に落ちて壊れる際に攻撃判定が発生するので接近時には注意が必要。
    クールタイムは20秒。前のゲイルフォースが残っている場合は古い方がプレイヤーに突進して壊れる。
    そのため、ゲイルフォースを倒すのに20秒以上かかるようだと常にゲイルフォースが存在することになる。
    新しいゲイルフォースを召喚した時に古い方のゲイルフォースが拘束中だと古い方が突進を行わない。
    その場合、場にゲイルフォースが2体存在することになり非常に危険な状態になる。
  • 特殊スキル:史上最強のランドランナー(クールタイム:17.5秒)
    HPが7ゲージ程まで減少すると使用するようになる。ランジェルスの犬のボスが使用するものと全く同じ。
    メカドロップのような物体が1つ斜めに降ってきて、着弾すると緑色の巨大なランドランナーが出現する。
    このランドランナーは動きが非常に遅い代わりに自爆の範囲が非常に広く、自爆を食らうと即死する。
    最大召喚数は3体。放っておくとかなりの範囲を制圧され、立ち回りがかなり制限される。
  • HPが4ゲージ程まで減少するとトランスフォーム:バトルロイドとゲイボルグパンチを使用するようになる。
    ゲイボルグパンチは男メカニックの一次覚醒アクティブ。バトルロイド発動時のボイスで使用する。
    トランスフォーム:バトルロイドのクールは40秒ほど。ゲイボルグパンチのクールは不明だがかなり長い。
  • ロボのHPゲージは以下の通り。
    状態異常ロボ:1ゲージ未満
    ランドランナー:4ゲージ
    ヴァイパーゼロ:10ゲージ
    ゲイルフォース:10ゲージ
    史上最強のランドランナー:3ゲージ
  • ソウルの陣によってロボに状態変化をかけるとゲームがクラッシュするバグがある。

攻略

  • 超ヒットリカバリーでかなり重い。地上コンボは不可能で空中コンボもほぼ不可能。
    クイックスタンディングを使用するためダウンコンボにも耐性がある。
    ロボに邪魔されることもありコンボは狙いづらい。防御力は低めなのでヒット&アウェイ重視で戦うと良い。
    ただしチャンスは逃さないこと。ロボが少ない状態で本体を捕まえたら一気に畳み掛けるメリハリも重要。
    HA技であればバーベキューに潰されることは無いので非ダウン技であってもある程度はごり押しが可能。
  • ローリングサンダー、ヴァイパーゼロ、状態異常ロボ、ゲイルフォース、最強ランドなどが死因になる。
    • ローリングサンダー:放電が瀕死〜即死級の高火力。不用意に正面に立たずトランスフォームを待つ。
    • ヴァイパーゼロ:一度捕まると抜け出せずに最後まで食らうことが多い。横軸を合わせない。
    • 状態異常ロボ:被撃時確率召喚なので多段ヒット技を控える。HPが少ないので出たらすぐ壊す。
    • ゲイルフォース:ミサイルはダッシュで避ける。最優先で集中攻撃して壊す。
    • 最強ランド:不用意に近づかない。HPが少ないのでチャンスがあれば積極的に壊す。
  • ゲイルフォースは少しHPを削っただけですぐに使用するが非常に高性能。最初は逃げつつQ技のクールを稼ごう。
    ヴァイパーゼロと横軸をずらしつつランドランナーを処理していれば延々と時間を稼げる。
    ヴァイパーゼロの射撃は縦軸方向に多少誘導するため余裕を持って避けること。
  • ランドランナーでさえ4ゲージ程あるため、『機械はすぐ壊れる』の認識で挑むとすぐに押し負ける。
    赤く点滅し始めたランドランナーを爆発する前に倒すのは難しいので、点滅しているものからは離れよう。
    ヴァイパーゼロも10ゲージある上にかなり早く爆発するので破壊するより放置した方が良い。
  • 近接職はGシリーズに苦戦する。コロナは見た目に反して一発の火力が高く、動きも阻害されやすい。
    ローリングサンダーは火力が非常に高いためローリングサンダーの時に正面に立たないようにしよう。
    ラプターは比較的火力が低いため、攻めるならラプターの時を狙うと良い。
  • ゲイルフォースを呼ばれてしまうと一気に立ち回りが厳しくなる。呼ばれたら最優先で倒すこと。
    ゲイルフォースのミサイルは走っていれば回避できるが、少しでも立ち止まると捕まり、残りを全部被弾する。
    防御力こそ低いがHPが10ゲージあるため壊すのにはそれなりに苦労する。Q技で一気に押し切って倒すのが理想。
    ゲイルフォースは20秒ごとに再召喚するため、長期戦はジリ貧になる。短期決戦が望ましい。
  • 史上最強のランドランナーの自爆は即死攻撃であるため細心の注意を払う必要がある。
    特に混戦状態で存在に気付かずに突っ込んでしまう事故が怖い。画面を良く見て的確に対処しよう。
    放っておくと3体まで召喚され自由に動けなくなるので、隙を見て破壊しておきたい。
    幸いHPは3ゲージと少ないので、接近しすぎないように注意さえすれば破壊すること自体は難しくない。
  • 残り4ゲージ程になってバトルロイドを使用したら一気に倒し切るチャンス。
    HA状態でしばらく動かなくなるので背後から大技を叩きこんで一気に勝負を決めよう。
    ただし投げ無効のHA状態である点には注意が必要。気絶、凍結、石化などで潰すことは可能。
    ゲイルフォースや最強ランドなどに阻まれてチャンスを逃すことのないように、これらは予め処理しておこう。
    万一チャンスを逃して発動されそうになったら、背後に回れば全弾回避することができる。
    なお、ゲイボルグパンチはほぼ隙が無く攻撃のチャンスにはならないため素直に回避しよう。
  • 囮はロボを引きつけてくれるため有効だが、史上最強のランドランナーの自爆を誘発するため注意が必要。
  • コインで復活しても既に召喚された状態異常ロボ、ゲイルフォース、最強ランドは場に残る。
    基本的に不利になるため、死んでしまったら勝負を翌日に持ち越した方が良い場合が多い。

【アイビー】
[暗黒・気絶・網]無効・[毒・出血]有効
二重投擲があれば砂Mでランド系は一掃できる。

【クルセ】
物理と魔法が混在するスキルが多いが、復讐Mは有用。
ハンマーM+TPでゲイルフォースを懺悔状態にするとかなり有利に立ち回れる。
最強ランドを懺悔状態にすると自分自身に反応して即自爆を行うため注意。

【ソウル】
憑依の無敵ダッシュで逃げる立ち回りが基本。ゲイルフォースが出てからは陣を敷くのが難しくなる。
サヤ・ラサは危機ランド大量召喚→状態異常でクラ落ちが発生するので厳禁。
カラの黒炎を付けると持続ダメージで危機ランドが大量に出るため注意。
シャドー6セットを持っていると、閃が9秒で発動できる。危機ランドも出ないためかなり楽になる。
ゲイルフォースがいる時は、ゲイルフォースのミサイルに合わせてダッシュ無敵化すると避けやすい。
バトルロイドはブレーメンとトゥームストーントライアングルを使いダメージを稼げる。

82F 亡霊の十字架トルア Edit

タイトル
-奴隷-
トルア…どうして私を選んだのか.
私も自由の身になりたい.
どれだけ血をみたら私は自由になれるのでしょうか?
キャラクター使用するスキル
亡霊の十字架トルア体力ゲージ×14近接攻撃
血の霧
血の十字架
咆哮
82.png

特徴

  • 「まだお前を死なせるつもりはない。復活せよ!」
  • APCではなく悪魔タイプのモンスター。「トルアの主マルセロ」というプリーストの味方APCがいる。
    手数の多い職業にとっては難易度は低いが、手数が少なくQ技への依存度が高い職業にとっては難易度は高い。
  • (以下はマルセロのセリフ)
    「戻るのだ!ここにいてはならぬ!」
    「おお、神よ!傷を治して下さい!」
    「うっ!少しここにいよう!」
    「止まれ!頼むから」
    「混沌よ!静まれ!」
    「こちらに来られよ。呪いを解いてあげよう!」
    「ありがとう。あなたのおかげで呪いが解けました。」
    「気をつけて。上の階から獣の鳴き声がしました。」
  • マルセロは自身とプレイヤーにキャスト速度が非常に遅いキュアーをかける。
    このキュアーにより、プレイヤーの出血、呪い、混乱を1つずつ治療してくれる。
    トルアはまずプレイヤーを無視してマルセロをターゲットにして攻撃する。
    マルセロの体力は低く、放っておくとすぐに死亡してしまう。
    マルセロが死亡後、プレイヤーにターゲットを切り替えて攻撃してくる。
  • 多少属性抵抗がある模様。属性強化70ぐらいで無属性とほぼ同ダメージ。
  • 状態異常耐性が高いが、防御力は低い。
  • スキル使用時の状態異常の持続時間、レベル共に高い。
  • 行動・攻撃パターン
    • 近接攻撃
      HA化し、後ろ向きの空斬打のようなモーションで攻撃する。空斬打よりも発生が速く隙も少ない。
      食らってもダウンせず、のけぞるだけ。ダメージは大したことはない。
    • 血の霧
      HA状態で浮き上がり、その後無敵化して部屋の中央の縦軸に一列の血の霧を並べ爆発させる。
      ダメージは無いが出血効果がある。爆発は全画面攻撃で回避不可能。
      出血:[Lv.70] 50秒間 0.5秒ごとに210程度のダメージ 総合火力 約21000
    • 血の十字架
      無敵化し、トルアの周囲八方向に血の十字架を放つ。
      ダメージは無いが呪い効果がある。十字架は全画面攻撃で回避不可能。
      呪い:[Lv.70] 200秒間 力 0, 体力 500, 知能 0, 精神力 500 減少
    • 咆哮
      Q技反応で無敵化し、混乱&気絶付与効果のある咆哮を発する。
      咆哮はダメージがあり多段ヒットするが、ダメージは大したことはない。
      HP減少時にはQ技反応以外にも普通に使用してくるようになる。
      気絶:[Lv.140] 3秒間 行動不可
      混乱:[Lv.140] 15秒間 混乱状態

攻略

  • 投げ無効、ダウン無効。ヒットリカバリーは普通なので地上コンボが有効。
    手数が多い職業は休まず攻撃を当て続けることでほぼ完封することが可能。
  • 血の霧の出血と血の十字架の呪いが強力。出血は持続時間が長く、呪いは体力と精神が500ずつ減る。
    呪いにより最大HPが減少した状態で出血のダメージを食らい続けると非常に危険。
    マルセロに治してもらえる間は問題ないが、マルセロが死んだ後は呪いと出血で大体1分以内に殺される。
    よって、マルセロが死ぬ前、あるいは死んだ直後くらいまでにトルアを倒せないと厳しい戦いになる。
    なお、プレイヤーがプリーストであればキュアMで自力で治療することが可能。
  • 咆哮による混乱の持続時間が長いので、近距離でQ技を使用するのは得策ではない。
    Q技を使用する際は咆哮の範囲外である中〜遠距離から攻撃するか、誘発させて咆哮のクール中にQ技を使おう。
  • 血の霧や血の十字架の準備モーション中にQ技を使用すると、Q技反応により技を途中で中断して咆哮を行う。
    これを利用して出血や呪いを一時的に防ぐことが可能。マルセロが死んだ後は特に有効。
  • 血の霧は出始めがHA状態であるため、ネックスナップなどの強制的に硬直させる技で止めることが可能。
  • マルセロが生きていても囮がいればそちらを優先的に狙うため、囮がいると難易度が一気に下がる。
  • 状態変化耐性を100にすることで出血と呪いを防げるため難易度が一気に下がるが、混乱は防げないため注意。

【アイビー】
[すべての状態変化(ブロックボム・ジャンク除く)]無効
Q技で血の霧をキャンセルさせつつひたすら二重投擲で砂を投げよう。
ブロックボムやジャンクもダメージソースとなる。Q技で咆哮を誘発させてクール中に使おう。

83F 銀キツネ アルジェン Edit

タイトル
-
キャラクター使用するスキル
銀キツネ アルジェン体力ゲージ×10銀キツネ召喚
●オーラシールド
●ショータイム
●位相変化
●フローレスセント
●ヴォイド
●フレームストライク
●ナイトホロー
●プルート
●シャイニングチーリングフェンス
●落花掌
●円舞棍
●碎覇
83.png

特徴

  • 「銀キツネが幸せの象徴だって、お前も信じてるのか?」
    「人間は私たち兄妹を騙した!」
    「お兄様を返して!」
    「欲に溺れた人間よ!地獄に堕ちろ!」
    「下等な人間め!」
    「誰も近寄るな!」
    「キャハ!」
    「あちこち逃げるのが上手いな!」
    「クソ..覚えてろ!」
  • Lv80
  • 2匹の銀キツネとともに戦うエレメンタルマスター。一部バトルメイジスキルも使用する。
    銀キツネの暗黒弾による的中低下と高火力のシャイニングチーリングフェンスが脅威。
    他にもキャストを潰したり接近を拒んだりする要素が多く、近接職、遠距離職を問わず難易度はかなり高い。
  • キャスト速度が速く、各種スキルのクールタイムが短く、防御力が高い。
  • ホワイトキャットロッド装備。キャスト時8%確率ですべての敵にサンダーボルト発動。
    雷はプレイヤーの位置に即時に落ちるため無敵技以外で回避不可能。火力は低いが行動を潰されやすい。
  • 開始と同時に銀キツネ召喚→オーラシールド→ショータイムの順に使用する。
    自分からは積極的には接近せず、縦軸上でうろうろすることが多い。2Fのイジャン-Gのような動きをする。
    遠距離ではエレメンタルマスターのスキルを、近距離ではバトルメイジのスキルを使用する傾向にある。
  • 特殊スキル:銀キツネ召喚
    2体の銀キツネを召喚する。銀キツネは無敵状態で倒すことができず、時間で消えることもない。
    銀キツネは約10秒ごとに暗黒効果のある暗黒弾を4つ発射する。暗黒状態異常中は的中率が著しく減少する。
    暗黒弾は銀キツネの位置から発生し、少し後ろに下がってからカーブしつつ前方に飛ぶ。
    順番に1つずつ時間差で発射する上、カーブして飛んでくるため回避しづらい。
    暗黒:[Lv.150] 4秒間 的中率 82% 減少
    この的中率の減少値は乗算ではなく減算。例えば素の的中率が22%だと、暗黒中は-60%になる。
  • 被撃時にクール中でなければ必ず位相変化を使用する。クールは10秒ほど。
  • 位置に関係なくクールごとにフローレスセント、ヴォイド、フレームストライク、ナイトホローを使用する。
    フレームストライクはどれだけ離れていても必ずプレイヤーの足元から発生するため避けづらい。
  • 一定範囲内まで接近するとプルート、シャイニングチーリングフェンス、落花掌、円舞棍、砕覇を使用する。
    シャイニングチーリングフェンスの範囲内に入ると移動速度-50.0%、攻撃速度-50.0%のデバフがかかる。
    シャイニングチーリングフェンスの破壊時や消滅時の爆発が非常に高火力。

攻略

  • 超ヒットリカバリーでかなり重い。地上コンボは不可能で空中コンボもほぼ不可能。
    クイックスタンディングは使用しないためダウンコンボは有効。
    ただし位相変化を使用する上、銀キツネの暗黒弾が邪魔になるためコンボを決める機会は少ない。
  • 火力として脅威なのはシャイニングチーリングフェンスの消滅時の爆発。
    シャイニングチーリングフェンスは接近時に使用してくるため、近接職は注意。
    捕まってしまったら無理に壊そうとせず、バックステップでダウンして即座にQS長押しでやり過ごすと良い。
    それ以外のスキルも火力は決して低くは無く、食らい続けると無視できないダメージとなって蓄積される。
  • 立ち回りとして脅威なのは銀キツネの暗黒弾とフレームストライク。
    暗黒弾はジャンプで回避可能。移動による回避が難しいと感じたらジャンプで避けよう。
    暗黒弾による暗黒は的中率が著しく減少する。暗黒は4秒で治るので食らったら素直に逃げること。
    フレームストライクは常にダッシュしていれば回避できるが、武器効果の雷でダッシュが潰されることがある。
    何度も入力し直すように小刻みにダッシュすることで雷を食らってもフレームストライクを避けられる。
    ヴォイドとナイトホローもそれなりに厄介だが、これらは近付かなければ問題ない。
  • 常に小刻みにダッシュしつつ銀キツネを視界内に入れればフレームストライクと暗黒弾は避けられる。
    これらを避けつつヴォイドやナイトホローの合間を縫って攻撃を当て続ければ確実に倒せる。
    接近したタイミングでナイトホローを使用されると面倒なため、ナイトホローのクール中に攻撃しよう。
    近接職は接近時のバトルメイジスキルやシャイニングチーリングフェンスに注意して攻撃すること。
  • 接近時の各種バトルメイジスキルも火力は低いが投げられたりダウンを取られたりと地味に厄介。
    遠距離職の場合は接近はせずに、キャストとキャストの間の隙を縫って攻撃できれば理想。
  • 囮は有効。フレームストライクを肩代わりしてくれたりシャイニングチーリングフェンスを誘発させてくれる。
    近接職であればシャイニングチーリングフェンスのクール中に攻めることでリスクが格段に減る。

【アイビー】
[出血・暗黒・網・気絶(ブロックボム除く)]無効・[毒]有効

84F 砂人間 ラマ Edit

タイトル
-砂石-
キャラクター使用するスキル
砂人間 ラマ体力ゲージ×10●クイックスタンディング
血管を流れる砂
特殊サンドスロワー
●幻影爆砕
●サンドスロワー
●ミューズアッパー
●ロープリング(スライディングホールド取得)
爆熱砂地獄
砂人形モンクツ召喚

(砂人形モンクツ召喚時限定)
●スパイア
●ジャンクスピン
84.png

特徴

  • 「砂の中に埋めてやる」
    「消えろ!」
    「爆熱 砂地獄!」
    「ハ~~~アッ!私を援護せよ。モンクツ」
  • 砂に関連した特殊スキルを駆使する女喧嘩屋。一部グラップラーのスキルも使用する。
    火力は低いが無敵化攻撃、広範囲攻撃、条件を満たすと強化などクセが強い。難易度はやや高い。
  • 光属性抵抗が極めて高く、クルセイダーやネンマスターは苦戦する。代わりに闇属性抵抗は低め。
  • 北風のクロー+3強化装備。水攻撃属性。攻撃時風を発射して敵を攻撃。
    風の発射は攻撃がヒットしないと発動しない。ダメージは微量なので気にする必要はない。
  • ダウン時にクール中でなければ一定確率でクイックスタンディングを使用し、長押しせずに即座に起き上がる。
  • 特殊スキル:血管を流れる砂
    被撃時、ラマを中心に砂を撒き散らす。血管を流れる猛毒とは異なり状態異常効果はない。
    この砂は特殊サンドスロワーの砂と同じく地面に残り、爆熱砂地獄やモンクツ召喚に使用される。
  • 開幕と同時に特殊サンドスロワーを使用し、その後はフェイントを織り交ぜつつ接近してくる。
  • 特殊スキル:特殊サンドスロワー
    クールごとに使用する。無敵化して暗黒効果のある砂を投げる。暗黒状態は2秒ほどで治る。クールは3秒ほど。
    通常のサンドスロワーとモーションは同じだが、砂の塊のようなものを5個ほど投げるので見た目で区別可能。
    砂の塊それぞれに判定があり高確率で暗黒状態になるが、火力が低く暗黒もすぐに回復するため脅威ではない。
    特殊サンドスロワーで投げた砂は地面に残り、爆熱砂地獄やモンクツ召喚に使用される。
    暗黒:[Lv.70] 1秒間 的中率 45% 減少
  • 一定範囲内まで接近すると幻影爆砕を使用する。火力はそれなりに高い。
  • 横軸を合わせた状態で一定範囲内まで接近するとサンドスロワーを使用する。
    スキルレベルが低いようで、食らっても暗黒になることはほとんどなく火力も低い。
  • 接近時にミューズアッパー、ロープリングを使用する。
    ロープリングは時間いっぱいまで掴むことが多いが稀にすぐに投げ飛ばす。火力はかなり高い。
  • 特殊スキル:爆熱砂地獄
    砂の量が一定量溜まるとクールごとに使用してくるようになる。
    金剛砕を使用した後に床に残っている砂が順番に噴き上がって攻撃してくる。
    金剛砕の火力は高めだが砂の攻撃力は低い。
  • 特殊スキル:砂人形モンクツ召喚
    床の砂が一定量を超えると、その砂を全て消費してネームドモンスター「砂人形モンクツ」を召喚する。
    モンクツはLv70の野獣タイプモンスターで、投げ無効、ダウン無効。HPは5ゲージ。攻撃はしてこない。
    モンクツはラマに張り付くように移動し、モンクツがラマに重なっている間はラマが無敵になる。
  • モンクツ召喚中はラマの移動が歩きに変更され、ジャンクスピンとスパイアを使用するようになる。
    ジャンクスピン、スパイアともに一定範囲内まで接近すると使用してくる。
    気絶(ジャンクスピン):[Lv.70] 10秒間 行動不可
  • ジャンクスピンが終了すると同時に短時間の気絶と中毒の判定が存在することを確認。バグの可能性あり。
    気絶:[Lv.70] 0秒間 行動不能 (実際は0.5秒)
    中毒:[Lv.72] 10秒間 0.5秒ごとに75程度のダメージ 総合火力 約1500

攻略

  • 超ヒットリカバリーでかなり重い。地上コンボは不可能で空中コンボはほぼ不可能。
    クイックスタンディングを使用するためダウンコンボにも耐性がある。
  • 特殊サンドスロワーは無敵状態になるが、頻繁に使用してくるため大技を回避されないように注意。
    また、各種サンドスロワーは横軸に強いため横軸は合わせない方が良い。
  • 放っておくとどんどん砂を撒かれてすぐにモンクツを召喚されてしまう。
    こうなるとラマが無敵になって面倒なだけでなく、ジャンクスピンとスパイアも厄介。
    モンクツを召喚される前に一気に畳み掛けて倒してしまうのが理想。
  • モンクツを召喚されたらまずはモンクツを倒さないとラマにダメージが通らない。
    しかし、焦ってモンクツを倒しに行くとジャンクスピンやスパイアで返り討ちに遭うことが多い。
    可能であれば遠距離から攻撃し、それが不可能であればこれらを誘って回避しクール中に攻めると良い。
  • 攻撃力も防御力も低いため強敵ではないが、クルセイダーとネンマスターは長期戦を覚悟すること。

【アイビー】
[出血・暗黒・気絶(ブロックボムのぞく)・網]無効・[毒(挑発あり)]有効
砂人間を壊す際は砂で壊すのが時間が掛かるが安全。隙をみてジャンクで一気に壊すことも可能だがリスクが高い。

85F 鬼の手 チャイ Edit

タイトル
-
キャラクター使用するスキル
鬼の手 チャイ体力ゲージ×9●ボーンシールド
アガレスの鷲掴み
アガレスの亀裂
●亡者の恨み
●亡者の執念
●暗闇の爪
85.png

特徴

  • 「多くの手がお前を呼んでいる.. 地獄に来いと!!」
    「物凄くしつこく残酷だろう..」
    「ハハ!恨みというのは本当に恐ろしいものだ..」
    「フフ。見えるか.. あの絶望に満ちた手の動きが?!」
    「キャア!」
    「キーッ!」
  • 亡者の手に関連するスキルを駆使してこちらの動きを封じてくる死霊術師。
    立ち回りにかなり気を使わないと満足に身動きができないまま倒されてしまうので難易度は高い。
  • 開幕にボーンシールドを使用し、その後はまっすぐ接近してくる。
  • シャーマンの鈴の音装備。
    攻撃時3%確率で特定の敵を混乱状態にする。混乱状態の敵を攻撃時、敵に15%の追加ダメージ。
    ボーンシールドの反撃ダメージでも発動するため注意が必要。
    混乱状態で操作がおぼつかなくなると他のスキルに捕まりやすくなる。
    混乱:[Lv.64] 4秒間 混乱状態
  • 特殊スキル:アガレスの鷲掴み(クールタイム:5秒)
    プレイヤーの足元に黄色い大きなマーカーが現れ、その位置にアガレスの鷲掴みが1つ発生する。
    開幕から5秒経過後に発生し、以後5秒ごとにチャイの状態に関わらず自動で発生する。
    状態異常効果はないが食らうとのけぞるため他のスキルに捕まりやすくなる。
  • 特殊スキル:アガレスの亀裂(クールタイム:8秒)
    チャイが手裏剣のモーションを行った後、約2秒後にその場所にアガレスの亀裂が発生する。
    モーションはよく見ていないと分かりづらいが、通常攻撃と同じボイスなので声で見極めることもできる。
    亀裂は吸い込み効果があり、2.5秒ほど持続する。触れると気絶効果付きのダメージを食らう。
    気絶:[Lv.60] 7秒間 行動不可
  • 一定範囲内まで接近すると亡者の恨み、亡者の執念、暗闇の爪を使用する。
    亡者の恨みは触れると亡者が7秒間取り憑き0.5秒間隔で鈍化効果付きの持続ダメージを食らう。
    ジャンプ力:-184.9% 持続時間は8秒。
    鈍化:[Lv.73] 6秒間 移動速度 37%, 攻撃速度 29% 減少
    亡者の執念は陣のように一定時間持続し、触れると拘束効果付きのダメージを食らう。
    拘束:[Lv.62] 1秒間 移動不可
    暗闇の爪は闇属性抵抗減少効果があり火力が高い。チャイの主力のダメージ源となるスキルである。
    闇属性抵抗減少:-21.0%(誤表記で、実際は-21) 持続時間は10秒。
  • 武器効果、アガレスの鷲掴み、アガレスの亀裂、亡者の恨み、亡者の執念は全てこちらの動きを封じる布石。
    これらによる混乱、気絶、鈍化、拘束を駆使して動きを封じた上で暗闇の爪でトドメを刺す戦闘スタイルを取る。

攻略

  • 超ヒットリカバリーでやや重い。地上コンボは不可能で空中コンボは得意な職なら可能。
    クイックスタンディングは使用しないのでダウンコンボも有効。
    ただしボーンシールドの反撃やアガレスの鷲掴みでコンボが中断されやすい。
    アガレスの亀裂に捕まると一気に形勢が逆転するため、亀裂が出ている時はコンボは控えた方が良い。
  • 以前は開幕と同時にアガレスの鷲掴みが発生していたが、大転移以降は開幕の発動が無くなった。
    開幕の位置も離れているため、比較的余裕を持ってバフをかけることができるようになった。
  • 一度何かを食らってしまうと動きを封じられ暗闇の爪を連続で食らってそのまま倒される恐れがある。
    基本は逃げながら戦い、ノーダメージで完封するくらいの気持ちで慎重に立ち回ると良い。
    横軸を合わせると亡者の恨みや亡者の執念を食らいやすいため、攻める時は縦軸から攻めよう。
  • 最も注意すべきはアガレスの亀裂。吸い込み効果があり捕まると気絶するため立ち回りの面で非常に厄介。
    アガレスの亀裂は手裏剣のモーションの後に発動。チャイの動きや声に注意すれば事前に察知できる。
    亀裂自体の火力も高く、気絶中にチャイの追撃でダメージや状態異常を稼がれて非常に危険。
    亀裂の攻撃範囲は見た目よりかなり広い。避ける時は大袈裟なくらい余裕を持って避けた方が良い。
    亀裂さえ食らわなければ楽な相手とも言える。亀裂を回避するまで逃げに徹し、亀裂のクール中に攻めると良い。
  • 亡者の恨みの総合火力が地味に高い。持続時間中全て食らい続けると暗闇の爪の火力を上回る。
    投げ技などで無敵状態になっている最中は持続ダメージを回避できるため、積極的に投げ技を当てに行こう。
    ただし投げ技の最中でもアガレスの亀裂には引き寄せられるため当てるタイミングには注意すること。
  • 攻撃を当てるとボーンシールドによる反撃ダメージがある。ダメージは微量だがのけ反りと混乱に注意。
    のけ反りは短いためあまり気にする必要はないが、邪魔に感じるならHA技や無敵技で削り切ってしまうと良い。
  • 囮は有効。囮を攻撃している間は隙だらけになる。ただしアガレスの亀裂の吸い込みには注意。
  • 状態変化耐性を100にすれば楽に戦える?要検証。

【アイビー】
[出血・暗黒・気絶・網]無効・[毒(挑発あり)]有効
ホールドボム1以上、マウントM、バルカン1以上、ジャンクスピンMのうち2種以上取得していれば非常に楽。
投げが有効な為、魔法型の場合はホールドボムMがあれば十分。
アガレスの亀裂以外ではスタンはせず攻撃力も低いので、ジャンクスピンも安定する。
勝手に近づいてくるので無敵の長いホールドボム、バルカン等でクールを稼ぎつつダメージを奪うと楽。
ターゲットがばらついてしまうので囮は逆効果かもしれない。

86F 濡れ衣のヨウンジャン Edit

タイトル
-
キャラクター使用するスキル
濡れ衣のヨウンジャン体力ゲージ×8●位相変化
●クイックスタンディング
●オートチェイサー(チェイサー:無取得)
●落花掌
●不屈の意志
●オーラシールド
●碎覇
●インチャンテッド碎覇
●円舞棍(チェイサー:闇取得)
●ダブルスイング
●竜牙(チェイサー:水取得)
●天撃(チェイサー:光取得)
●黄竜天空
86.png

特徴

  • 「武芸は口でやるんじゃない。」
    「一瞬が勝負を左右する」
    「目に物見せてやる!」
    「受けてみよ!俺の必殺技を!!」
  • 正統派バトルメイジ。横軸の黄竜天空、縦軸の各種碎覇、短クールの位相変化など注意すべき点は多い。
    ただし防御力は低くパターンを見切れば完封も可能なため難易度はやや高い程度。
  • 真・ドゥ・サンガ装備。
  • 被撃時に距離が近い場合、クール中でなければ必ず位相変化を使用する。遠距離では使用しない。
    プレイヤーの方向に真横に使用するため背後を取られやすい。クールタイムは8秒ほど。
  • ダウン時にクール中でなければ必ずクイックスタンディングを使用し、長押しせずに即座に起き上がる。
  • 開幕と同時にオートチェイサーを使用する。オートチェイサーは随時キャストし直す。
    その後は縦軸を優先的に合わせて縦軸方向から接近しようとする。
    各種スキルのクールタイムが短く、移動速度が速く、攻撃力が高い。
  • 縦軸を合わせる際に落花掌を利用することがある。落花掌は当たる位置では使用せず、移動目的で使用する。
    クールタイムがなく、連発することであっという間に縦軸を合わせてくる。
    落花掌が当たる位置で使用しないため、火チェイサーや火属性のインチャンテッド碎覇も使用しない。
  • 開始からしばらくすると不屈の意志→オーラシールドをキャストする。
  • 一定範囲内まで接近すると砕覇、インチャンテッド砕覇を使用する。
    火力が高く、攻撃範囲が広く、クールが短い。ヨウンジャンの主力スキルと言える。
    インチャンテッド碎覇を食らうと直前に生成したチェイサーの属性に応じてデバフがかかる。
    下記コンボ2の天撃は空振りが多く、当たってもすぐにコンボ1に繋ぐため光属性のインチャンテッド碎覇は稀。
    全ての属性抵抗減少(無属性):-19.0% (小数点以下切上、元の数値がマイナスの場合は逆に上昇する)
    魔法防御力減少(水属性):-2447.6% (25007→20160)(24400→19696) 何らかの表記ミスがある模様。
  • 接近時に各種コンボを使用する。円舞棍はクールタイムが非常に短く、連発してくることもある。
    • コンボ1:円舞棍→(ヒット時)ダブルスイング
    • コンボ2:竜牙→(ヒット時)天撃
  • ダウン状態のプレイヤーに接近するとダブルスイングを使用する。
  • 横軸が合った状態で少し距離が離れていると黄竜天空を使用する。火力が非常に高い。
    ヨウンジャンが被撃している最中に使用条件を満たすと復帰直後に使用するため注意が必要。
    位相変化によってちょうど黄竜天空を使用する位置にワープし、即座に黄竜天空を使用するパターンが脅威。

攻略

  • 超ヒットリカバリーでやや重い。地上コンボは不可能で空中コンボは得意な職なら可能。
    クイックスタンディングを使用するためダウンさせたままのコンボには耐性がある。
  • 縦軸方向から接近して碎覇やインチャンテッド碎覇(以下「各種碎覇」)を積極的に当てに来る。
    各種碎覇の回避方法が分からないとジリ貧になりやすいため、これらの回避方法を知っておく必要がある。
    各種碎覇はタイミングを合わせてジャンプで回避することが可能。板金職はタイミングがややシビア。
    各種碎覇を使用する範囲を見極め、その範囲内に入ったのを確認してからジャンプして確実に回避すること。
    各種碎覇の直後はヨウンジャンは少しの間動かないので反撃のチャンス。着地後接近して反撃を決めよう。
  • ジャンプでの回避に自信が無い場合は立ち回りで回避することも可能。
    各種碎覇を使用する範囲内に入ったらすぐに縦軸方向に離脱すれば安定して回避することができる。
    ただし部屋の上下の端に追い詰められた状態ではこの方法が通用しない点と回避しても反撃できない点には注意。
  • 横軸が合った状態で位相変化を使用されると直後に高確率で黄竜天空を使用してくる。
    黄竜天空は火力が非常に高いため、攻撃を当てる際にはこれを食らわないように注意すること。
    特に最初に攻撃を当てて位相変化を使用された時は要注意。位相変化は隙の少ない攻撃で誘発させると良い。
  • 黄竜天空はクールが長いため、早めに誘発させてこれを回避すればしばらくは気にしなくとも良くなる。
    立ち回りで自ら横軸を合わせに行って黄竜天空を誘発させ、これを回避すれば位相変化直後の反撃は心配ない。
  • 防御力は低いため、黄竜天空と位相変化が両方クール中の状態で火力を集中させると一気に倒せる。
    後手後手に回ると火力で押し負けてしまいがちだが、こちらも積極的に攻撃することで対等以上に戦える。
    黄竜天空と各種碎覇さえ食らわなければ火力負けすることはまず無いため、これらの回避を意識して立ち回ろう。
  • 横軸を合わせて黄竜天空を回避→各種碎覇をジャンプで回避→反撃して位相変化を誘発→直後に火力を集中…
    この流れで問題なく立ち回れる。1回で倒しきれない場合は各種碎覇をジャンプで回避するところからやり直そう。
  • 囮には良く引っ掛かってくれるが、囮に攻撃している間は様々なスキルを駆使して暴れ回る。
    特にインチャンテッド碎覇と黄竜天空に巻き込まれやすい。注意して使用しないと有効とは言えない。

【サモナー】
開幕と同時にホドルを召喚し、すぐに部屋の右端までダッシュで離脱しよう。
そうすることでターゲットがホドルに移り、部屋の右端で安全に召喚を出すことができる。

【アイビー】
[出血・暗黒・気絶・網]無効・[毒(挑発あり)]有効

87F 眞ストライカー ダル Edit

タイトル
-崩拳の極意を得し者-
毎日崩拳10万回… ついに崩拳の極意に達する。
キャラクター使用するスキル
眞ストライカー ダル体力ゲージ×11●金剛強化
●ハイパーアーマー
●強拳
●雷撃
●破砕拳
居合い
無双波
87.png

特徴

  • 「技術の極意を見せよう!」
    「無駄に力を消費しないことが大切だ..」
    「極点!!」
  • Lv75
  • 崩拳の極意を得た男ストライカー。金剛強化によるダウン無効化と接近時の雷撃連打が厄介。難易度はやや高い。
  • 滅悪のファントムグローブ装備。光攻撃属性。攻撃時、2%確率で敵をディスエンチャント。
  • 金剛強化の効果で被撃時に一定確率で0.5秒間ハイパーアーマー状態になる。
    単発のダウン技を当てて発動した場合、ダウンしてからHAになるのではなくダウン自体を無効化する。
    予期せぬ反撃や接近をされる恐れがあるためかなり厄介。
  • 開幕と同時にハイパーアーマー→強拳をキャストし、まっすぐプレイヤーに接近してくる。
    ハイパーアーマーは持続14秒、クールタイム54秒。40秒間は無防備となる。
  • 接近時に雷撃や破砕拳を使用する。
    雷撃はクールタイムがなく連発してくる上に発生が速く硬直度も高いため連続で食らいやすい。
    延々とハメ続けることはせず、3〜4回使用した後に他のスキルに繋げてくる。
    破砕拳は女ストライカーのスキルだが、ほぼ同じモーションで使用してくる。
  • 特殊スキル:居合い
    少し溜めた後に範囲の広い回し蹴りを放つ。無敵でもHAでもないため攻撃を当てれば潰せる。
    ウェポンマスターの居合いとほぼ同じ性能だが、見た目以上に判定が広くダウン状態にも当たる。
    出血効果もあるがダメージはほとんどないため気にする必要はない。
    出血:[Lv.70] 3秒間 0.5秒ごとに15程度のダメージ 総合火力 約90
  • 特殊スキル:無双波
    HPが5ゲージ以下になると使用する。スキルのモーション中は完全無敵。火力が高い。
    紫色の渦のようなエフェクトで周囲の敵を引き寄せた後、雷撃のモーションで気絶効果のある爆破を起こす。
  • 光属性抵抗が非常に高く、闇属性抵抗が低い。クルセイダーやネンマスターは苦戦しやすい。
  • 囮は無視してこちらにまっすぐ接近してくるので、長いキャストなど行う際は注意。
  • 火力は高くは無いが低くもない。雷撃を続けて食らうことが多いため総合火力は高め。

攻略

  • 超ヒットリカバリーでかなり重い。地上コンボは不可能で空中コンボもほぼ不可能。
    クイックスタンディングは使用しないためダウンコンボは有効。
    ただし金剛強化の効果でコンボが中断されることが多い。
  • ハイパーアーマーは持続が短くクールが長い。まずは逃げに徹し、ハイパーアーマーが切れたら反撃しよう。
    ハイパーアーマーが切れても金剛強化があるため反撃する際はヒット&アウェイに徹するのが良い。
  • 雷撃と破砕拳は接近時にしか使用しないため、逃げ回れば居合いしか使用してこない。
    居合いは一定範囲内に入ると使用するが、逃げ続けていれば発動前に範囲外まで離脱できる。
    見た目よりも若干範囲が広いため避ける際は余裕を持って避けること。
    部屋の端に追い詰められた状態で使用されると回避が困難になるので立ち回りの際には注意。
    居合いはダウン状態にも当たるため低姿勢スキルでは回避できないが、ジャンプで回避することは可能。
  • 捕まると雷撃を連続で食らいHPを一気に減らされるため、基本は逃げに徹した方が良い。
    そのうち居合いを空振りして距離を離すことができるため、その後の接近に対して反撃しよう。
    被撃ハイパーアーマーでダウンが無効化されると反撃を食らいやすいため、なるべく投げ技で応戦したい。
    雷撃の判定が横軸に強いため、居合いのクール中に縦軸から投げ技を当てるようにすれば安定する。
  • 雷撃に捕まった際は縦軸方向に移動すれば破砕拳を回避でき、ジャンプすれば居合いを回避できる。
    雷撃の後に使用するスキルを見極めて的確に回避し、余計なダメージは少しでも減らそう。
  • 無双波は引き寄せ効果はあるものの、発動が遅いので回避するのは難しくない。
  • 光属性抵抗が高く闇属性抵抗が低いため、普段光属性武器を使用している場合は闇属性武器を用意すると良い。

【アイビー】
[すべての状態変化]無効?
上方向に対する攻撃に乏しいため、コンドルダイブMがダメージソースとなる。
縦軸を合わせてコンドルMで踏みつつ上下移動を繰り返せば時間はかかるが確実に倒せる。
縦軸方向からジャンクMを当てるのも良い。砂Mは技後の隙に接近されるためあまり有効ではない。

88F 修練教官 ウィッチロン Edit

タイトル
-仕打ち-
能無し共!!気をつけ!!クズ共!クズ共!!ちゃんと動け!!
見ているぞ!!
キャラクター使用するスキル
修練教官 ウィッチロン体力ゲージ×12●武器の極意(ブレードマスタリー取得)
●極鬼剣術、斬鉄式
●クイックスタンディング
●背面攻撃(背面攻撃強化取得)
●不屈の意志
●跳躍
重力発生装置
●波動剣地裂
●アッシュフォーク
●ジャンプ攻撃
●空中連続切り(ブレードマスタリー取得)
●裂波斬
●断空斬(断空斬強化取得)
●ダッシュ攻撃
●通常攻撃
●鬼剣術奥義(ブレード)
●アッパースラッシュ
●月光切り(満月月光切り取得)
88.png

特徴

  • 「人に会ったのは久しぶりかな」
    「イヤッホー!お前の修行の相手になってやろう!」
    「私に勝てばここから抜け出せるのだ~」
    「ハハ。ここの重力に負けずこれほど動けるとは..」
    「君、なかなかやるな!」
  • 攻撃速度が速いブレード装備のウェポンマスター。重力発生装置により鈍化した状態で戦うことになる。
    使うスキルは基本的なものばかりだが、ブレードマスタリーの出血のせいでどれも火力が非常に高い。
    ウィッチロン自身も強力なAPCである上に重力発生装置のギミックが凶悪。難易度は非常に高い。
  • 真:アルアカムナガ装備。闇属性攻撃。
  • 闇属性抵抗が非常に高く、火属性抵抗、水属性抵抗も高い。アベンジャーや死霊術師は苦戦しやすい。
    代わりに光属性抵抗が低く、クルセイダーやネンマスターにとっては比較的楽な相手。
  • 武器の極意(ブレードマスタリー)の効果で全ての攻撃に出血効果が付き、空中連続切りが強化されている。
    出血:[Lv.78] 3秒間 0.5秒ごとに130程度のダメージ 総合火力 約780
  • 極鬼剣術、斬鉄式はクリティカル時に10秒間物理防御-1120のデバフをかけるパッシブスキル。
    効果中に再びクリティカルが出ると10秒間のカウントがリセットされ、効果が重複する。最大10回まで重複。
  • ダウン時にクール中でなければ必ずクイックスタンディングを使用し、長押しせずに即座に起き上がる。
  • 背面攻撃強化の効果により、立ち回りで背後から受けたダメージを0にする。ダメージ無効のクールは30秒。
    背面攻撃そのもの(背後からの被撃時にのけ反りをキャンセルしてアッパーで反撃)は使用しない。
  • 開幕と同時に不屈の意志をキャストし、直後にジャンプしてアッシュフォークを使用する。
    その後はプレイヤーにまっすぐ接近しつつ位置に応じて各種スキルを使用する。
    また、随時跳躍をキャストし、アッシュフォークや空中連続切りの布石として利用する。
  • 特殊スキル:重力発生装置
    厳密にはウィッチロンの行動ではない。部屋の四隅に設置された機械によるギミック効果。
    機械は一定時間ごとに状態を切り替え、プレイヤーの各種ステータスを大幅に減少させる。
    機械停止(4秒間)→電気放出(20秒間)→レーザー発射(10秒間)→機械停止(4秒間)…の流れで切り替わる。
    電気放出中は移動速度、攻撃速度、キャスト速度が-30%され、回避率が-40%される。
    レーザー発射中は移動速度、攻撃速度、キャスト速度、回避率が全て-60%される。
    なお、回避率のみ乗算で他は減算。(例:攻撃速度32%→2%→-28%、回避率4%→2.4%→1.6%)
    永続のフィールド効果ではなく切り替わりの瞬間にかかるデバフで、左下にデバフのアイコンが表示される。
    電気放出のデバフは20秒、レーザー発射のデバフは10秒。アイコンが点滅し始めたら切り替わりの合図となる。
    電気やレーザーに攻撃判定はなく、ダメージものけ反りもない。あくまで鈍化させるだけのギミック。
    ウィッチロンはギミックの効果を受けず、常に速度は一定である。なお、機械は判定が無いため破壊不可能。
  • 横軸が合うと波動剣地裂を使用する。発生が速い上に攻撃範囲が広く避けづらい。
  • 一定範囲内まで接近するとアッシュフォーク、裂破斬を使用する。
    アッシュフォークは衝撃波がギリギリ当たるくらいの位置で使用してくるため気を付けていないと食らいやすい。
    アッシュフォークのクール中にアッシュフォークの使用条件を満たすと代わりに空中連続切りを使用する。
    空中連続切りの最中にアッシュフォークのクールが終わると、続けてアッシュフォークを使用する。
    裂破斬はこちらからの接近を期待して置いておくような使い方をするため、こちらから接近すると迎撃されやすい。
    裂破斬を立ち回りで使用する際は直前にダッシュを維持したまま一瞬立ち止まるため予測可能。
  • 一定距離内で横軸が合うと断空斬を使用する。ブレードマスタリーと断空斬強化により最大で7打まで使用する。
    3打までは必ず使用し、それ以降は空振りした時点で止める。7打全て食らうとかなりの高火力となる。
  • 横軸からダッシュで接近した際にダッシュ攻撃を使用する。
  • 接近時に通常攻撃123、鬼剣術奥義123→(ヒット時)アッパースラッシュのコンボ、月光切りを使用する。
    通常攻撃123は何回も繰り返し使用するパターンがあり、捕まると延々空中で食らい続けてしまう。
    鬼剣術奥義は2ヒット×3打で6ヒットするため出血や極鬼剣術、斬鉄式が発動しやすい。
    月光切りは1打や2打で止めることもあれば3打目の満月月光切りまで出し切ることもある。
    どれも最終打で浮かせるため空中コンボが成立しやすく、ダウン状態の相手にもある程度ヒットするため危険。
  • アッシュフォークの際に起き上がり時の衝撃波が発生することがある。(衝撃波が二重に発生する)
  • プレイヤーのジャンプキー入力に反応してジャンプを行い、アッシュフォークや空中連続切りを使用する模様。

攻略

  • 超ヒットリカバリーで重さは普通。地上コンボは不可能だが空中コンボは有効。
    クイックスタンディングを使用するためダウンコンボには耐性がある。
    空中コンボ中に鈍化のギミックが発動するとコンボ失敗からクイックスタンディングで反撃されやすいため注意。
    空中コンボに失敗したと思ったら起き上がりに投げ技を重ねるとクイックスタンディング直後のHAを投げられる。
    空中コンボに移行できる投げ技を持つ職業は、空中コンボ→落とす→QSに投げ技→空中コンボ…の流れが可能。
  • 開幕とほぼ同時にアッシュフォークの衝撃波を当てに来るので、開幕のバフを潰されやすい。
    非常に難易度の高い階なのでバフを潰されるのは致命的。開幕はアッシュフォークの衝撃波を避けるようにしよう。
    バフをかけるのは投げ技やダウン技を当てた後の隙などを狙うと良い。
  • 攻撃速度が非常に速く、特に接近時は暴れの限りを尽くすので手に負えない。
    密着すると甚大な被害を被りやすいので距離を取って戦いたい。波動剣地裂は回避困難なので横軸はずらそう。
    とはいえレーザー発射中は逃げ切るのはほぼ不可能。投げ技やダウン技で時間稼ぎしよう。
    投げ技で掴むことに成功すれば、速度低下が功を奏して長い時間拘束することができ、時間稼ぎになる。
    レーザー発射中は投げ技やダウン技でやり過ごすことを第一に考え、機械停止中と機械作動中に反撃すると良い。
    レーザー発射中に投げ技やダウン技がクール中だと被弾がほぼ確定するため、なるべく取っておくようにしよう。
  • ウィッチロンは縦軸からの接近の際に少し離れた位置でアッシュフォークや裂破斬を使用する。
    立ち回りで投げ技を当てに行こうとした時にこれらの行動を取られると対応できない場合が多い。
    よって立ち回りで投げ技を当てに行くのはかなりリスクが高い。時間稼ぎなら縦軸に強いダウン技の方が優秀。
    投げ技は相手のクイックスタンディングに合わせるか、自分の起き上がり時に使用する方が安全。
  • アッパースラッシュ、月光切り、裂破斬、波動剣地裂など判定が上に強い技を多く持つ。
    こちらのジャンプに反応してジャンプし、空中連続切りで落とされることもある。ジャンプ逃げは得策ではない。
  • アッシュフォークの衝撃波が非常に厄介。回避手段が限られる上に回避しても反撃しづらい。
    さらに食らうと真上に浮かされるためそのまま追撃を食らうことも多い。これの対策が第一。
    衝撃波は縦軸方向に距離を離せば難なく回避できるが、部屋の上下の端に追い詰められているとそれも不可能。
    衝撃波はジャンプで避けることができるが、ジャンプで避けても空中や着地の隙に追撃を食らいやすい。
    横軸方向に離脱しようとしても間に合わずに衝撃波を食らったり離脱後に波動剣地裂に捕まったりする。
    幸い衝撃波自体の火力は低いため、避けられないと判断したらHA技やガードなどで受けるのが無難。
    縦軸方向や上空方向に強い技があればアッシュフォーク自体を撃墜してしまう手もある。
  • ハイパーアーマー状態になる行動がアッパースラッシュと月光切りしかないため浮かせやすい。
    防戦一方になると高火力で一気に押し負けてしまいやすいため、積極的に浮かせてダメージを与えよう。
    浮かせることに成功したら空中コンボに大技を絡めよう。ジャンプを撃墜する手段があればそれでも良い。
    プレイヤーのジャンプキー入力に反応してジャンプを誘発させられるので、ジャンプを撃墜する際は有効。
    実際にジャンプをする必要はなく、例えばバックステップ連打などでも反応してジャンプする模様。
  • 接近時にクイックスタンディングを使用するとウィッチロンは各種スキルを駆使して暴れまくる。
    しかしクイックスタンディングを維持していると通常123連打や鬼剣術奥義123で離れていき勝手に背中を見せる。
    背後を取ったら通常123や鬼剣術奥義123の隙に起き上がり、背後から投げ技やダウン技を当てよう。
    背面攻撃強化により最初のダメージを無効化されるが、緊急回避が優先なので気にしなくとも良い。
    ただしバーベキューやホールドボムなどの打撃投げはダメージ無効化によって投げが成立しないため注意。
    機械作動中には投げ技やダウン技の発生が遅くなっているため可能な限り速く入力しよう。
    入力が遅れると断空斬7打を全て食らって甚大な被害を被る恐れがある。
    当てる技によってはそのまま空中コンボに移行できるため、緊急回避とダメージ回収を両立できる。
    コンボの最中にレーザー発射が開始した場合には、コンボを投げ技で締めて時間稼ぎをすると良い。
    なお、断空斬も一見背後を取れるように見えるが、3打目で戻ってくるため反撃しようとしても被弾してしまう。
    被弾覚悟であれば断空斬の3打目をクイックスタンディングのHAで受けつつ投げ技やダウン技を当てても良い。
    月光切りはHAがありモーションが速く隙も少ないため月光切りの最中に起き上がるのは得策ではない。
  • 背面攻撃強化によるダメージ無効化があるため、大技を背後から当ててしまわないように注意。
    ダメージ無効化は立ち回りでしか効果を発揮しないため、一度浮かせてしまえば気にする必要はない。
  • 速度減少は機械の状態が切り替わる瞬間にかかるデバフであって、永続的なフィールド効果ではない。
    コインで復活すると全てのバフとデバフが消えるので、レーザー発射中でも通常通りの速度で動くことができる。
    逆に言えば復活直後にレーザー発射が発動すると相当厳しくなるため、復活のタイミングには注意。
  • 囮は非常に有効。レーザー発射中に安全に時間稼ぎができるのは大きい。攻撃のチャンスも作れる。
    ハイパーアーマー状態になる行動をほとんど行わないので、ハルファスのアッパーなども非常に有効。
  • 速度減少は固定値なのでアバターなどで速度重視にすると多少はましになる。
  • 光属性抵抗が低くそれ以外の属性抵抗が高いので、光攻撃属性の武器を用意すれば火力がかなり向上する。
    また、攻撃が全て闇属性なので闇属性抵抗を高めればさらに戦いやすくなる。
速度低下状態でも通常通り動けるスキル

【鬼剣士】
アッシュフォークの衝撃波はガードや剣膜で受けられ、後出しのアッシュフォークや泰山圧制で潰すことも可能。
アッパースラッシュや昇天剣の発生が速いため、起き上がり時に投げ技の代わりに使用することができる。

【格闘家】
アッシュフォークに合わせて縦軸方向から疾風脚を使用すれば衝撃波を避けつつ当てられる。
若干シビアだがクラウチングの起き上がりの無敵時間を利用してアッシュフォークの衝撃波を避けることもできる。

【アイビー】
[気絶(ブロックボムのぞく)・暗黒・網]無効・[毒・出血(挑発あり)]有効
血管を流れる猛毒は出血状態時に毒血の出る確率が2倍になるため、ブレードによる出血とは相性が良い。
まともに戦うと苦戦するので、囮を出してそれを攻撃している所を砂などで攻撃すると良い。
QSからの反撃はバルカンが安定。レーザー発射中にバルカンを決めればそれだけで時間いっぱいやり過ごせる。
光属性装備を用意するだけでダメージがかなり変わる。クローに拘らずに光属性を優先させた方が良い。

89F 拳王 ゴンヌン Edit

タイトル
-最強の拳王-
我が人生に一片の悔いなし!!
キャラクター使用するスキル
拳王 ゴンヌン体力ゲージ×10(聖眼爆撃拳のオーラ発動前後で共通)
●クイックスタンディング
●スウェー
●チョッピングハンマー
●ヘブンリーコンビネーション
●ドライアウト

(聖眼爆撃拳のオーラ発動前限定)
●ウィルドライバー
●ダッキングダッシュ
●ダッキングボディーブロー
●マシンガンジャブ
●ゴージャスコンビネーション
●ハリケーンロール
●バイオレントコンビネーション

(聖眼爆撃拳のオーラ発動後限定)
行動パターン変更
●ラッキーストレート
●サイドワインド
聖眼爆撃拳
89.png

特徴

  • 「私に出会ったことを後悔させてやろう。」
    「星目 玉刀拳!」
    「星目 虎波龍!」
    「無残な死を味わうがいい」
  • 某有名漫画の世紀末覇者を模したインファイター。元ネタと比べるとかなり弱い印象を受ける。
    各種スキルのクールが短く攻撃速度が速いが、攻撃力、防御力ともに低く状態変化耐性も低い。
    聖眼爆撃拳にさえ注意すれば負ける要素はほぼ無い。難易度はやや低い。
  • ゴルアの教え-制圧装備。カウンター攻撃時15%の追加ダメージ。
  • 開幕と同時にウィルドライバーを使用し、その後は縦軸方向からプレイヤーに接近する。
    接近時に各種スキルを駆使してコンボを決めてくるが、一通りコンボが終了するとダッシュで距離を取る。
  • ダウン時に一定確率でクイックスタンディングを使用し、長押しせずに即座に起き上がる。
  • ダッキングダッシュはダッキングボディブローの直前に一瞬使用する。単発で使用することはない。
    スウェーはチョッピングハンマーの直前に一瞬使用する。チョッピングハンマークール中は単発で使用する。
    いずれも斜め方向に軸をずらして使用することはなく、必ず真横に使用する。
  • 一定範囲内まで接近するとダッキングボディブロー、チョッピングハンマー、ヘブンリーコンビネーションを使用する。
  • 接近時にマシンガンジャブ、ゴージャスコンビネーション、ハリケーンロールを使用する。
  • 接近時にドライアウトを駆使して各種コンボを使用する。
    • コンボ1:ヘブンリーコンビネーション(1打目or2打目)→(ドライアウト)バイオレントコンビネーション
    • コンボ2:ダッキングボディブロー→マシンガンジャブ(フィニッシュ)→(ドライアウト)ゴージャスコンビネーション
      気絶(ダッキングボディブロー):[Lv.48] 1秒間 行動不可
  • 特殊スキル:聖眼爆撃拳
    HPが半分以下になると足元に黒いオーラを纏う。目安は5ゲージ。
    オーラを纏っている間はプレイヤーが被撃するたびに徐々に画面が暗転していく。
    画面が限界まで暗転した状態でさらに攻撃を受けると「聖 眼 爆 撃 拳」の文字と共に即死する。
    囮に対しては画面の暗転や文字の演出は発生しないが、同じ条件で即死する。
    被撃が許されるのは7回まで。8回目の被撃で即死が発動する。北斗七星と死兆星をイメージしている模様。
    コインを使用して復活するとオーラは消えるが、HPが減少すると再びオーラを纏う。
  • 特殊スキル:行動パターン変更
    聖眼爆撃拳のオーラを纏ってからは行動パターンが変化する。
    • コンボ終了時にダッシュで距離を取るパターンが無くなり、ひたすら接近してくるようになる。
    • 大半のスキルを使用しなくなる。チョッピングハンマー、ヘブンリーコンビネーションは引き続き使用する。
    • 一定距離内で横軸が合うとラッキーストレート、サイドワインドを使用するようになる。
    • コンボ1、コンボ2を使用しなくなる代わりにコンボ3、コンボ4を使用するようになる。
      • コンボ3:ヘブンリーコンビネーション(1打目)→(ドライアウト)サイドワインド
      • コンボ4:ヘブンリーコンビネーション(1打目)→(ドライアウト)ラッキーストレート

攻略

  • ヒットリカバリーは普通でかなり重い。地上コンボが有効だが空中コンボはほぼ不可能。
    クイックスタンディングを使用するためダウンコンボには耐性がある。
  • ゴンヌン自身の攻撃力は低く脅威にならない。聖眼爆撃拳さえ対策を取れば攻略できる。
  • ゴンヌンは防御力が低いため、何も考えずに攻撃を加えるとあっという間に聖眼爆撃拳のオーラを纏う。
    聖眼爆撃拳のオーラを纏った状態で戦いが長引くと即死の危険が増えるため、Q技がクール中なのは厳しい。
    最初は適当に戦いつつQ技のクールを待ち、聖眼爆撃拳のオーラを纏ったらQ技で一気に畳み掛けよう。
    防御力が低くヒットリカバリーも普通のためQ技を当てれば反撃もされずにあっさり倒せるはず。
  • 聖眼爆撃拳の発動条件は被撃回数8回であるため、多段ヒット技に特に注意する必要がある。
    聖眼爆撃拳のオーラを纏っている間に使用する各スキルのヒット数は以下の通り。
    起き上がり衝撃波も被撃1回としてカウントされるため無闇にダウンさせるのは得策ではない。
    • 1ヒット:起き上がり衝撃波
    • 2ヒット:サイドワインド、チョッピングハンマー
    • 3ヒット:ラッキーストレート、ヘブンリーコンビネーション
  • ヘブンリーコンビネーションは1打目が画面下方向に判定が強く、2打目が画面上方向に判定が強い。
    なるべく上をキープして戦い、モーションが見えたらすぐに離脱するようにすれば被弾を抑えられる。
    また、サイドワインドやラッキーストレートの判定は横方向に強いため、横軸は合わせない方が良い。
  • 聖眼爆撃拳のオーラを纏っている間に使用しないスキルであっても、オーラを纏った直後は使用することがある。
    オーラを纏った直後にマシンガンジャブやハリケーンロールを食らうとそれだけで即死にリーチがかかる。
    ゴンヌンのHPに注意して、そろそろオーラを纏うと思ったらやや離れ気味に戦うと安全。
  • 囮は有効。聖眼爆撃拳の即死で殺されることはあるが、時間稼ぎや攻撃のチャンスとしては十分。
  • 聖眼爆撃拳の即死効果はクルセイダーの生命の源泉や男メイジの不死で乗り切ることが出来る。
  • 79Fの眞阿修羅狂魔と同様に部屋の右下にある箱に引っ掛けてQ技のクール稼ぎが可能。
    狂魔と違って防御力が非常に低いこともあり、Q技のラッシュをかけるとあっという間に倒せる。
    この方法なら聖眼爆撃拳を全く気にせずに一気に倒すことができる。

【アイビー】
[すべての状態変化]有効

90F ドッペルゲンガー Edit

●フロア概要

  • 100Fを除く10の倍数階で登場する。
  • サーバー内のプレイヤーから無作為に選ばれたキャラクターが対戦相手に選ばれる。
    ここでいうキャラクターとは、名前とアバターと装備(クリーチャー含む)と、その一次職のこと。
    選ばれる対戦相手はランダムだが、一度選ばれるとサーバー内共通で一週間固定となる。
    (どのアカウントのどのキャラクターで挑戦しても、10FはA鬼剣士、20FはBガンナー…など同じ相手になる)
    一週間が経過すると対戦相手がシャッフルされる。どのタイミングでシャッフルされるかは不明。
  • 元となったプレイヤーの職業やステータスに関わらず、個別に設定されたスキルを使用する。
    時間の扉地域のアイリスの自覚ダンジョンのネームドモンスター、明鏡止水に近い仕様。
  • 勝利すると黄金のバインドスフィアが1個手に入る。
  • この階層は都合上、9体を同フロアに表示しているが対戦するのはそのうちのいずれか1体のみ。
    対多フロア、または連戦フロアではないことに注意してほしい。
  • 種類によって強さが異なり、男鬼剣士やシーフは脅威だが男ガンナーは弱いなど差が激しい。
  • 女鬼剣士、ダークナイト、クリエイターが選ばれることは無い模様。

●共通攻略

  • 10F〜50Fの場合は広めの部屋の右下にプレイヤーが、横軸が合った左側にAPCが位置している。
  • 60F〜90Fの場合は狭めの部屋の右下にプレイヤーが、その左上の中距離にAPCが位置している。
  • フロアに入るまでどの職業が相手なのか分からないが、男鬼剣士だった場合の開幕即死が怖い。
    開幕は相手は男鬼剣士であるという前提で動きつつどの職業が相手か見極めると良い。
    大転移アップデートにより開始前に「3.2.1.Fight!」のカウントダウンが入るようになった。
    このカウントダウンの最中にドッペルゲンガーの職業を見極めれば、開幕の行動を余裕を持って決定できる。
キャラクター使用するスキル
ドッペルゲンガー
(男鬼剣士)
体力ゲージ×9●波動剣地烈
●波動拳爆炎
●居合い
●アッパースラッシュ
●断空斬
●トゥームストーン
●月光切り
●崩山撃
●レイジングフューリー
mswordman.PNG

特徴

  • プレイヤーにまっすぐ接近して位置に応じて各種スキルを使用する。
    位置ごとに使用するスキルが的確で即死級の居合いも脅威。難易度は高い。
  • 10F〜50Fの場合は開幕と同時に波動剣爆炎を使用してくる。
  • 60F〜90Fの場合は開幕と同時にダッシュで接近して居合いを使用してくる。
  • 一定距離内で横軸が合うと波動剣地裂、波動剣爆炎を使用する。波動剣地裂の使用頻度は低い。
  • 一定範囲内まで接近すると居合いを使用する。
    小剣の剣風、大剣の溜め、ブレードや光剣の追加攻撃はどれも使用しない。
  • プレイヤーとの位置関係にかかわらずアッパースラッシュ、断空斬、トゥームストーンを使用する。
    アッパースラッシュや断空斬の攻撃回数は増加していない。断空斬は3打まで出し切る。
  • 断空斬を1打で止めて月光切りの1打に繋げてくることがある。
    月光切りの1打止めや2打出し切りを単発で使用することもある。いずれも使用頻度は低い。
  • 接近時に崩山撃、レイジングフューリーを使用してくる。崩山撃の使用頻度は低い。
  • 全体的に火力が高く、特に居合いの火力が極めて高い。職によっては即死もあり得る。

攻略

  • 超ヒットリカバリーだが重さは普通。地上コンボは不可能だが空中コンボが有効。
    クイックスタンディングは使用しないのでダウンコンボも有効。
  • 何より気をつけたいのは居合い。瀕死〜即死級の大ダメージ。クールタイムは15秒。
    攻撃範囲が広いため見てから回避するのはほぼ不可能。逃げ回りつつ居合いの範囲に入らないようにしたい。
    居合いの範囲に入るか入らないかの距離で居合いを誘発させ、空振りさせてからクール中に攻めると良い。
  • 居合い以外にも、横軸方向に波動剣爆炎、接近時はレイジングフューリー、クールごとにトゥームと死角が無い。
    斜め方向の中距離、遠距離が安全であるためこの位置をキープしつつ反撃の隙を窺いたい。
  • アッパースラッシュも地味だがダメージが非常に高く侮れない。
    空中コンボに失敗して地面に落とすと起き上がり衝撃波からアッパースラッシュに繋げてくることがある。
    空中コンボは重力補正がかかり始めたあたりで適当に切り上げて距離を取る方が安全。
  • 囮は非常に有効。囮を狙った波動剣爆炎、レイジングフューリー、居合いなどに巻き込まれないように注意。
キャラクター使用するスキル
ドッペルゲンガー
(男格闘家)
*体力ゲージ×15●ハイパーアーマー
●強拳
●徇歩
●雷撃
●鉄山靠
●ヘクトパスカルキック
●ライトニングダンス
●紅焔疾風脚
●クローズキック
 
mfighter.PNG

特徴

  • 男ストライカーのスキルのみ使用する。難易度は平均的。
  • 開幕にハイパーアーマーと強拳をキャストする。
  • 横軸を優先的に合わせ、ダッシュで横軸方向から接近しようとする。
  • 全体的にクールが短く火力が高い。

攻略

  • ヒットリカバリーも重さも普通。地上コンボも空中コンボも有効。
    クイックスタンディングは使用しないためダウンコンボも有効。
    開幕にハイパーアーマーをキャストするため、ハイパーアーマーが切れてからでないとコンボが出来ない。
  • ハイパーアーマーの効果中は一方的に攻撃されやすいため、ハイパーアーマーが切れるまで逃げに徹すると良い。
    端に追い詰められそうになったら投げ技などで時間稼ぎをすると良い。
  • 横軸方向に強いスキルと横軸を優先的に合わせるAIが噛み合っている。
    縦軸方向への攻撃性能は皆無であるため、横軸をずらして縦軸方向から攻撃すると良い。
  • 下手に囮を召喚するとライトニングダンスで一網打尽にされかねないので、囮は控えた方が良い。
キャラクター使用するスキル
ドッペルゲンガー
(女格闘家)
体力ゲージ×12●疾風脚
●ビートドライブ
●分身
●金剛砕
●スープレックス
●ハンマーキック
●ベノムマイン
●獅子吼
ffighter.PNG

特徴

  • プレイヤーにまっすぐ接近しながら様々なスキルを乱発してくる。
    立ち回りは単調だが全体的に火力が非常に高く1回のミスが死に繋がる。難易度はやや高い。
  • 疾風脚は開幕と同時に使用し、以降クールごとに使用する。クールタイムは8秒。
    疾風脚強化は未取得。回転はゆっくりでヒット数が少ない代わりに移動距離が長い。
  • ビートドライブはある程度横軸が合うと使用する。
    フィニッシュまで使用せず途中で止めてくる。硬直が長いため続けて攻撃を食らいやすい。
  • 分身は距離が遠いと使用する。クールタイムは15秒。M取得のため10体同時に出してくる。分身の持続は7秒。
  • 金剛砕は横軸の中距離で使用する。捕まるとコンボを決められて大ダメージに繋がることが多い。
  • スープレックス、ハンマーキック、ベノムマイン、獅子吼は接近時に使用する。
    獅子吼はクールタイムが非常に短く、3秒間隔での使用を確認。

攻略

  • 超ヒットリカバリーだが重さは普通。地上コンボは不可能だが空中コンボが有効。
    クイックスタンディングは使用しないためダウンコンボも有効。
  • 横軸から攻撃すると疾風脚に判定負けしたりビートドライブのHAでごり押される危険性がある。
    遠めの距離で横軸を合わせて疾風脚やビートドライブを誘い、終わり際の隙に反撃すると安全に攻撃できる。
    超ヒットリカバリーのため反撃の際はダウン技を当てよう。コンボが得意な職なら空中コンボを決めると良い。
    獅子吼は接近時にしか使用しないため、縦軸からの接近時に投げ技やダウン技を早めに当てることでも反撃できる。
  • 接近してコンボを決めると、起き上がり時に高確率で獅子吼を使用する。コンボが終わったらすぐに離脱しよう。
  • 囮は非常に有効。長時間引き付けてくれるので遠距離スキルがあれば一方的に攻撃できる。
    距離が近いと囮を狙ったスープレックス、金剛砕、各種Q技などに巻き込まれるので注意。
キャラクター使用するスキル
ドッペルゲンガー
(男ガンナー)
体力ゲージ×4●通常攻撃
●ヘッドショット
●ダッシュ攻撃
●マッハキック
●ヴァイパー
●火炎放射
●移動射撃
●G-14破裂グレネイド弾
●M-137ガトリングガン
●ウィンドミル(ライジングウィンドミル取得)
●エアースピン
●陽子爆弾
●バーベキュー
mgunner.PNG

特徴

  • 適当にダッシュでうろつきながら各種コンボを使用する。あまり積極的に接近はしてこない。
    火力は高いがコンボが決まりやすくHPも極端に少ないため、難易度は低い。
    • コンボ1:通常攻撃→ヘッドショット
    • コンボ2:縦軸ダッシュ攻撃→ヘッドショット
    • コンボ3:ダッシュ攻撃→マッハキック→ヴァイパー
    • コンボ4:火炎放射→即キャンセル移動射撃→通常攻撃
    • コンボ5:M-137ガトリングガン→ヘッドショット
    • コンボ6:G-14破裂グレネイド弾→M-137ガトリングガン→通常攻撃
    • コンボ7:ライジングウィンドミル→(ヒット時)エアースピン
    • コンボ8:ライジングウィンドミル→(空振り時)ヘッドショット→マッハキック→ヴァイパー
    • 単発使用スキル:陽子爆弾、バーベキュー、G-14破裂グレネイド弾、ヘッドショット
  • ヴァイパーは火力が高いが一撃で破壊できるほどHPが少ない。
    移動射撃の際に背後を取ると弾を発射せずに隙だらけになる。Zキー入力による振り向きは行わない。
    ウィンドミルは単発では使用せず、起き上がり時にライジングウィンドミルを使用しコンボ7、8に繋げてくる。
    プレイヤーとの位置関係に関わらずクールタイムごとに陽子爆弾を使用する。クール20秒。火力が高い。
    接近時にバーベキューを使用する。バーベキューヒット時はコンボ4に繋げてくる。
    G-14破裂グレネイド弾とM-137ガトリングガンはコンボで使用することもあれば単発で使用することもある。
    G-14破裂グレネイド弾は装填されていない時に使用条件を満たすと装填を行い、以降ランダムで上下に投げ分ける。
    ヘッドショットはコンボに絡める以外にも単発で使用してくることがある。起き上がり時に使用することが多い。

攻略

  • ヒットリカバリーも重さも普通。地上コンボも空中コンボも有効。
    ライジングウィンドミルを使用するためダウンコンボには耐性がある。
  • 火力は高いが即死級ではない上、HPが非常に低くコンボ耐性も無いため普通に戦っても負けることはほぼない。
    強いて言うなら陽子爆弾とヴァイパーをまともに食らわないように注意する程度で十分。
キャラクター使用するスキル
ドッペルゲンガー
(女ガンナー)
*体力ゲージ×12●通常攻撃
●ダッシュ攻撃
●ライジングショット
●ニードルソバット
●トップスピン
●バーニングスパイク
●ヴァイパー
●陽子爆弾
●火炎放射
●移動射撃
●破裂グレネード弾
fgunner.PNG

特徴

  • 少し移動して通常攻撃や破裂グレネード弾を使い、また移動する。
    接近してくることもあるが、距離を保ったまま近づこうとしないこともある。難易度はやや低い。
  • ダウンさせると起き上がりにトップスピンもしくは火炎放射を使う。
    トップスピンに当たるとバーニングスパイクに派生する。
  • かなり近くに立つと破裂グレネード弾を使用するが、
    女ガンナーは男ガンナーに比べて投擲するまでに少々時間がかかる。
  • 適当な位置にヴァイパーを配置する。
    タイミング次第では壁方向に配置する。
    ヴァイパーは持続時間=クールタイム。
    ヴァイパーが自壊すると女ガンナーは現在いる位置に新たにヴァイパーを設置する。

攻略

  • スキルの豊富さは一見脅威に感じるが、実際に戦えばどうということはない。
    移動射撃に捕まったとしても、拘束力は高くないので多少の被害で済む。
キャラクター使用するスキル
ドッペルゲンガー
(男メイジ)
*体力ゲージ×16●通常1234
●氷白剣(EX)
●ブロークンアロー(C)
●アイスビッグハンマー
●アイスクラッシュ
●アイスクリスタルシャワー
●ダークチェンジ
●テレポート
mmage.PNG

特徴

  • ベースは氷結師だが、一部エレメンタルボマーのスキルも使用する。難易度は平均的。
  • プレイヤーとの位置関係に関わらず、クールごとに様々なスキルを乱発してくる。

攻略

  • ヒットリカバリーは高めで重さは普通。地上コンボは高密度なら有効で、空中コンボも有効。
    クイックスタンディングは使用しないためダウンコンボも有効。
  • 横軸に判定が強いスキルが多いので、縦軸から攻めると良い
  • ダークチェンジは唯一縦軸に判定が強く、広範囲に暗黒状態異常を付与するので注意
キャラクター使用するスキル
ドッペルゲンガー
(女メイジ)
体力ゲージ×7●ブラックマント
●雷連撃
●契約召喚:ルイーズ姉ちゃん!!
●アシッドクラウド
●フロストヘッド
●フレームストライク
●ハロウィンバスター
●反重力マシーン
fmage.PNG

特徴

  • クールごとに様々なスキルを乱発し、クール中は横軸上の一定距離の地点をキープするように移動する。
    一部スキルが高火力で接近時の雷連撃やブラックマントによる暴れも強力。難易度は平均的。
  • ブラックマントと雷連撃は接近時のみ使用。それ以外のスキルはクールごとに使用する。
    ブラックマントと雷連撃にはクールタイムがないようで、接近状態が維持されると連続で使ってくる。
  • アシッドクラウドのデバフ効果は以下の通り。デバフ効果は3回まで重複する。持続時間は13.5秒。
    ゲーム内では全て%表記だが誤表記。実際は固定値減少となっている。
    物理攻撃力:-38.0%(力1798の状態で10989→10595→10201→9808を確認)
    物理防御力:-7110.0%(体力1273の状態で21437→12438→4185→1902を確認)
    水属性抵抗:-21.0%(25→4→-17→-38を確認)
  • ルイーズ姉ちゃんはLv93だがHPが1ゲージ未満で防御力も低いためすぐに倒せる。

攻略

  • ヒットリカバリーは高めで重さは普通。地上コンボは高密度なら有効で空中コンボも有効。
    クイックスタンディングは使用しないのでダウンコンボも有効。
    女メイジでありながら位相変化を使用しないので安定してコンボを決めることが出来る。
  • 距離を離しつつ常に移動しているだけで全ての攻撃を回避可能。
    フレームストライクは比較的回避しづらいため注意して避けること。
  • 接近時はクールタイムの無い雷連撃やブラックマントを連発して暴れまくる。
    コンボを開始する際はなるべく離れた距離から開始するように心がけよう。
  • ハロウィンバスター、雷連撃、ルイーズ姉ちゃんの火力が高い。
    ルイーズ姉ちゃんはHPが低くすぐに倒せるため優先的に倒しておこう。
キャラクター使用するスキル
ドッペルゲンガー
(プリースト)
*体力ゲージ×13●ドライアウト
●ウィルドライバー
●ハリケーンロール
●スウェー
●ダッキングダッシュ
●ゴージャスコンビネーション
●チョッピングハンマー
●ダッキングボディブロー
●地の式神-玄武
●正義の裁き
mpriest.PNG

特徴

  • 開幕にウィルドライバーを使用し、その後はプレイヤーとの位置関係に関わらず様々なスキルを乱発してくる。
    ベースはインファイターだが、退魔師の地の式神-玄武とクルセイダーの正義の裁きも使用する。
    火力が非常に高く1回のミスが死に繋がる。難易度は高い。
  • 一定範囲内まで接近するとハリケーンロールを使用する。吸い込みの範囲内が使用条件の模様。
    すぐに逃げる方向にダッシュしなければそのまま吸い込まれて被弾してしまう。
    連打入力をしないため攻撃時間が短いが、火力が非常に高く職によっては即死もあり得る。
  • ハリケーンロール以外のスキルはプレイヤーとの位置関係に関わらず使用する。
    スウェーは斜め後ろ方向に単発使用する。この動きのせいでスキルを空振りしてしまいやすい。
    ダッキングダッシュは立ち回りでは使用せず、即座に各種派生技に繋げてくる。
    ゴージャスコンビネーションの終わり際の隙をキャンセルしてスウェーで離脱することがある。
    ゴージャスコンビネーションの終わり際の隙をキャンセルしてダッキングダッシュ→派生技を使用することがある。
    ダッキングダッシュから使用する派生技はチョッピングハンマーとダッキングボディブローの2種類。
    チョッピングハンマーは使用頻度が高いが、ダッキングボディブローは下記のコンボ時にしか使用しない。
    地の式神-玄武はAIの動きが鈍く、一撃で倒せるほど脆い。ただし飛びかかり攻撃の拘束能力は健在。
    飛びかかりの最中に致死ダメージを与えてもモーション終了まで消えず、そのまま掴まれることもある。
    正義の裁きは的外れなタイミングで的外れな方向に使用することが多い。
  • コンボ:ダッキングボディブロー→(ドライアウト)ゴージャスコンビネーション→チョッピングハンマー
    接近時に使用する。キャンセルが早すぎてダッキングボディブローの攻撃判定が発生しない。
    ゴージャスコンビネーションの火力が非常に高く職によっては即死もあり得る。
    チョッピングハンマーにクールタイムがないようで、2連続で使用することもある。

攻略

  • 超ヒットリカバリーだが重さは普通。地上コンボは不可能だが空中コンボが有効。
    クイックスタンディングは使用しないためダウンコンボも有効。
  • ハリケーンロールとゴージャスコンビネーションが即死級であるため、これらを食らわない立ち回りが必須。
    ゴージャスコンビネーションは横軸に強いため、クール中以外は横軸から攻めるのはやめよう。
    縦軸から接近する際はハリケーンロールに注意。吸い込み効果があるためダッシュで逃げよう。
  • ゴージャスコンビネーションの直後はダッキングダッシュやスウェーでキャンセル可能なため隙がない。
    隙を見つけて浮かせる場合にはチョッピングハンマーの直後を狙おう。
    リスクはそれなりに高いがゴージャスコンビネーションのクール中なら失敗しても即死はない。
    空中コンボが得意な職業ならリターンは大きいため、狙っていく価値は十分にある。
  • 玄武はHPが低くすぐに倒せるが、拘束能力は健在であるため放置するのは事故の元。
    召喚されたら最優先で倒そう。APCから逃げつつ適当な攻撃を当てればすぐに倒せる。
    玄武を倒す際に横軸を合わせると飛びかかり攻撃と相討ちになって拘束されることがあるため注意。
  • 正義の裁きは当たらない方向へ使用し、長時間HA状態で隙を晒すことが多い。反撃のチャンス。
    バフ、陣、召喚など下準備が必要な職業はこの隙を狙って下準備を終えてしまおう。
    ただし技が全て終了する前にAPCの硬直が解けるため、調子に乗って攻撃しすぎると痛い目を見る。
    硬直終了のタイミングの目安は、地面に刺さった槍に注目し、APCに一番近い位置の槍が3本消えた直後あたり。
  • 基本は投げ技などで逃げに徹し、チャンスがあれば浮かせ、玄武が出たら倒し、正義の裁きに大技を決める。
    丁寧に立ち回れば完封することも可能だが、1回のミスが死に直結するので慎重に立ち回ろう。
キャラクター使用するスキル
ドッペルゲンガー
(シーフ)
*体力ゲージ×14●夜行魂
●亡者の恨み
●シャドーカット
●通常攻撃
●ハリケーン
●ソニックアサルト
●アクセルストライク
fthief.PNG

特徴

  • たまに動きが止まるが、基本的にはまっすぐプレイヤーに接近して攻撃してくる。
    アクセルストライクの火力が非常に高い上に回避も困難。難易度はかなり高い。
  • 夜行魂、亡者の恨み、シャドーカットはプレイヤーの位置に関わらず使用する。
    夜行魂は投下後5秒ほどで自動で破裂し、2秒ほど攻撃判定が持続する。
  • ハリケーンは接近時に使用する。
  • ソニックアサルトは横軸が合うと使用する。火力が非常に高く、職によっては即死もあり得る。
  • アクセルストライクは攻撃が当る範囲に入ると使用する。クールタイムは10秒程度。
    火力が非常に高く攻撃範囲も広い危険な行動。職によっては即死もあり得る。

攻略

  • 超ヒットリカバリーだが重さは普通。地上コンボは不可能だが空中コンボが有効。
    クイックスタンディングは使用しないためダウンコンボは有効。
  • 最も注意すべきはアクセルストライク。軽甲職で32000ダメージを確認。食らうとほぼ即死させられる。
    初段は一見単なる突進だが、発動時一定範囲内にいる敵を強制的に拘束して連続攻撃をするという判定。
    初段の判定は特に横軸に広い。ソニックアサルトもあるため横軸は合わせるべきではない。
    初段の判定は縦軸にもそこそこ広く、画面手前よりも画面奥に広い判定を持つ。避けるなら手前をキープすべき。
    クールが終わると最優先で使用してくるようで起き上がり直後の発動率が高い。コンボ後は距離を離そう。
  • アクセルストライク以外にも全体的に火力が高く、なるべく被弾しない立ち回りが要求される。
  • 夜行魂の位置によっては立ち回りが厳しくなる。被弾して鈍化がつくとさらに厳しい。
  • とにかく距離を取りヒットアンドウェイを繰り返すのが安全。空中コンボが得意な職は積極的に狙いに行こう。
  • 状態異常耐性は高くない。気絶や凍結があると楽になるが、復帰直後のアクセルストライクには注意。

絶望の塔91-100F Edit

91-100

コメント欄(Wikiの編集のできない方はココに情報を) Edit

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 81階でバーベキューされました。 -- 2012-07-31 (火) 07:56:39
  • 85階にてプレイヤーが混乱を確認。条件は不明 -- 2013-05-02 (木) 13:45:10
  • 85 死ねや -- 2013-12-17 (火) 13:06:56
  • 81バグっとる ゲイル2体同時に出現する -- 2014-01-30 (木) 16:21:26
  • ――――以下より大転移後のコメント―――― -- 2014-07-19 (土) 07:36:38
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White