Top > シーフ
HTML convert time to 0.002 sec.


シーフ の変更点


 #contents(fromhere)
 *シーフ [#hcfa07e8]
 
 **キャラクター紹介 [#a9bc4dd7]
 #ref(シーフ2.jpg,nolink,center,around)
 #br
 ''「あたしを単なる泥棒と見たら大間違いよ。''
  ''あたしの狙いはちょっと違うわ。''
  ''例えばねぇ…情報や命のような。''
  ''気をつけたほうがいいわよ?次はあなたの番よ」''
 #br
 #br
 #region(シーフ ストーリー)
 '''黒妖精の起源についての正確な資料はない。'''
 '''しかし、言い伝えによると美の女神ベヌスが気に入っていた人間と恋に落ちた一人の妖精が小人達の悪戯で'''
 '''女神に呪われ、彼女が住んでいた村中の人々が今の外見になってしまったのが黒妖精の起源だと言われている。'''
 '''変わり果てたその外貌を見た人間は彼女の元を離れた。'''
 '''その事件依頼、黒妖精達は裏切者の人間と狡猾な小人達を憎むようになったという。'''
 '''呪いの烙印のような黒い肌と白髪を隠すために黒妖精達は代々地下に隠れて暮らしてきた。'''
 '''鹿に皮肉にも、女神の呪いは黒妖精達に恥辱だけを残したわけではなかった。'''
 '''妖精固有の神聖さを失った代わりに素早い体と優れた夜間視力を得たのである。'''
 '''こういった特性のおかげで、黒妖精達は専ら魔法に頼る妖精とは違い'''
 '''独自の体術を発達させることができた。'''
 '''黒妖精の世界で「シーフ」という言葉は略奪を続ける連中を意味するのではない。'''
 '''寧ろ、与えられた身体的能力を自分なりの方法で極限まで発達させ、他の黒妖精達には不可能なことを可能にする体術の専門家という意味合いが強い。'''
 '''現在の黒妖精は2つの集団に分かれている。'''
 '''幼いが賢明な女王に従う者達と、非常に強い権力の元老院に従う者達。'''
 '''和解と復讐といった対立の理念の両勢力は表面的には協力しているように見えるが、'''
 '''その裏側では各自の立場を強固にするためにそれぞれ諜報と暗殺、'''
 '''呪いなどの極秘任務を目的とするシーフ集団を養成している。'''
 '''ある日、原因不明の疾病で黒妖精の都市・ノイアフェラが廃棄化する事件が起こった。'''
 '''この事件によって、黒妖精達の歴史は新しい局面を迎えることとなる。'''
 '''ただ種族の安危のみならず、世の中に危機をもたらすかもしれないこの事件の元凶を解明するため'''
 '''黒妖精の2つの勢力は長い蟄居を終わらせ、それぞれのもく低を持った要員達を大陸へ派遣し始めた。'''
 #endregion
 
 -黒妖精の未来を拓くため、アラド大陸へ出向いた敏捷なエージェント。
 両手に短剣を持って戦い、素早い動きと相手へ致命打を与える強力な短剣術で敵を倒す。
 --両手で短剣を使用し、速く絢爛な攻撃を披露する。
 --空中で使用するスキルが多く、致命打を食らわせることに長けている。
 --死人の魂を呼び出して戦闘する死霊術が駆使出来る。
 
 -キャラクターボイス
 --日本独自仕様として日本人声優のボイスに差し替えられている。
 --CV.雪野五月
 --CV.雪野五月(現在は「ゆきのさつき」名義)
 **キャラクター攻略 [#b502f57a]
 #areaedit
 #br
 
 ***''シーフの特徴'' [#s50891b9]
 &color(Teal){【レザー】};、&color(Purple){物理・魔法混合};(スキル系統ごと物理・魔法系スキルが混在)、遊撃・直接補助型
 素早さを最大の武器とし、空中戦も得意。スキルはどれも出が速く、軽快・縦横に立ち回ることができる。
 手数は多いが前衛としては攻撃・防御の両面でやや非力で、正面切っての戦闘は苦手。
 相手の隙を突き、または無理矢理崩す事で、全体の攻撃をサポートする。
 時折出る必殺の一撃は、狙いすました攻撃と重なった時に、高い効果を発揮する。
 -攻撃動作はコンパクトで、豊富な空中技・移動技を持つ。
 -魔法・補助スキルは直接威力よりも、副次効果や特殊な攻撃スタイルで“敵を絡め取る様な”使い方が期待できる。空中での連続攻撃、飛び道具のサポート的な使い方、特殊動作で素早く後ろに回り込む、等。
 -武器・防具は物理クリティカル攻撃にボーナスを与え、発生率・威力とも他より高い。
 #areaedit(end)
 
 
 #areaedit
 ■''シーフ系の通常攻撃モーション''
 -切り → 切り → 下段回し蹴り → 切り飛ばし(浮かせ・ノックバック)
 --123はダウン効果なし。下段回し蹴りは気持ちリーチが長い。
 --3段目はもちろん、1・2段の下段判定がやや広く、ダウン敵の多くにHITする。
 --フィニッシュは敵を上空ではなく、後ろへ大きくノックバックさせる。浮かせ量はキャラ身長程度と低い。
 --ほどほどのリーチを持ち、出は鋭いが各々の繋ぎに少し間がある。鬼剣士と格闘家の中間といった所。
 ただし短剣系武器では鬼剣士ほどの硬直、格闘家ほどの速度は無く、斬り合いでは上2職よりも打ち負け易い。
 
 
 -空中攻撃能力が非常に高い。
 --2回攻撃がワンセット、さらに連続攻撃を行える。1回のジャンプで、通常 2 x2 =4回程度攻撃可。
 --攻撃で向きは固定されない。右x2回 → 左x2回 といった攻撃も可能。空中終了スキルの後も同様。
 --ダウン効果が無い。飛び込みから地上攻撃へも連続する(ただし地上通常攻撃は、出が遅い)。
 --武器が短剣という性質上、リーチは長くない。
 #areaedit(end)
 
 
 #areaedit
 ■''シーフの戦闘スタイル''
 ※シーフにとって浮かせる・ダウンさせるといった行動は従来キャラとは意味が若干異なる。文中注意。
 -陸戦よりも空中戦の方が強く、浮かせてからの攻撃、ダウンさせての追い討ちなどがメイン。
 また地上では素早い移動技を駆使した一撃離脱・バックアタックを得意とし、地上と空中の連携にも優れる。
 -多彩な連携と連続攻撃数を誇るが、基本攻撃力・防御力はかなり低く、補う為に各種補助・魔法スキルを効果的に使っていく必要があるだろう。
 -空中戦闘や一撃離脱といった速度重視のスタイルは、一瞬の隙から攻守の立場が逆転する。
 止めを刺すまで決して油断せず、確実に屠っていこう。
 #areaedit(end)
 
 
 #areaedit
 
 ***''スキル取得'' [#c6d97093]
 ■''スキルの取得指針''
 シーフの技は低Lvでも特徴・機能が多く、色々な使い方ができる。
 特に目指す二次職系スキルを重点的に使い、(使う・使わないの判断を含め)性質をよく把握しておこう。
 #areaedit(end)
 
 #areaedit
 ■''転職後の基本スキル選択''
 転職後、補助として基本スキルを取得する際の注意点について。
 -二次職はどちらも、欲しいスキルを好き勝手に振っていくと、SPが全く足りない。
 スタイルに合わせ取得スキルを絞り込んで行く中で、基本スキルにSPを多く割くのは厳しくなる。
 このため基本スキルを活用するスタイルは(特にダンジョン攻略では)初心者には勧められない。
 -初心者が基本スキル無しで先に進める程、甘くないのが現実だが、出来れば職技のみで行くのが振り方としては無難。
 --基本スキルは便利な技が多く目移りするが、二次職の上位スキルがあれば要らなくなる場合が多い。
 ただしそういった技のLvは高く、使えるようになるのはかなり遅い。
 --当たり前だが、高Lv時のスキル振りを意識したスキル振りほど序盤に弱く、育てにくい。
 最悪キャラとして成立しない場合も有るが、これはシーフに限らず全職共通のゲーム仕様。
 一定レベルごとに振り直しを活用した方が、遥かに効率的、かつ楽しく遊べるというのが基本デザインであり、
 バランス調整上の問題ではなく、その点を訴えても改善はされないだろう。
 #areaedit(end)
 
 #areaedit
 #aname(Thief_Rogue);
 ''[[ローグ>シーフ/ローグ]]''
 -レザーの物理近接職。シーフが「素早さ」なら、ローグは純粋な「速さ」に特化する。
 『スイフト』系スキルがメイン。またその使用にこだわる技があり、他系統のスキルが取得しにくい。
 --魔法の多い『忍術』、強力だが単発型の『暗殺』スキルは食い合わせが悪い。
 --序盤はシーフとあまり変わらないが、スキルが増えてくると抜群の速度を発揮する。
 このため同系統でも動きの遅いスキルは、動作について来れなくなりやすい。
 --『スイフト』の投げ技系スキルは、「投げ」としては性能が悪い(打撃技として優れる)。
 威力/SP効率に優れる「イレイザー」をLv1のみ取得し、補う場合もある。
 #areaedit(end)
 
 #areaedit
 #aname(Thief_Necro);
 ''[[死霊術師>シーフ/死霊術師]]''
 -軽甲の召喚系魔法職。自身も戦闘を行える万能型。
 『死霊』系スキルがメイン。主力が召喚という事もあり、他系統の基本技もスタイル次第で有効に使える。
 -ただし後半には変身技が習得でき、自身で強力な近接/必殺攻撃を行える様になると、
 『死霊』系統のみでも魔法特化職として十分になる。
 --魔法系の『忍術』が使い易く強力だが、スキルポイントに余裕がないため基本技との組み合わせは厳しい。
 #areaedit(end)
 
 #areaedit
 ※『忍術』系統二次職のクノイチ、『暗殺』系統二次職のシャドーダンサーは、未だ実装されていない。
 #areaedit(end)
 *スキル [#va688610]
 **忍術 [#n6a18a86]
 #include(シーフ/共通スキル/忍術,notitle)
 **死霊 [#l607cec5]
 #include(シーフ/共通スキル/死霊,notitle)
 **暗殺 [#vd053447]
 #include(シーフ/共通スキル/暗殺,notitle)
 **スイフト [#gc89eedb]
 #include(シーフ/共通スキル/スイフト,notitle)
 **一般 [#m18a6d85]
 ***&attachref(,nolink); コンバージョン[#conversion]
 #areaedit
 >パッシブスキル
 転職以前のスキルの攻撃タイプを物理または魔法で変換させる。
 強化スキルは除きます。
 決闘場ではスキルの効果が発動しません。
 適用されるスキル:[[ライジングカット>#x9c8b07a]]、[[スライサー>#ub00ff63]]、[[シャイニングカット>#g660ccd5]]、[[キャンセルダイビングアロー>#d173de07]]、[[炎火斬>#m1656e95]]、[[むささび>#a291db3a]]、[[シャドーカット>#fda93010]]、[[イレイザー>#a7bc04c7]]、[[ダークソウル>#u991b919]]、[[カーススピア>#ic5034f7]]、[[手裏剣>#kb9b8f23]]、[[抜け殻の術>#w89c42e2]]、[[足首切断>#a01a649a]]
 ※転職後に自動取得
 
 -右クリックするごとに一般→物理→魔法→…と切り替わっていく。
 --一般:攻撃タイプを変更しない
 --物理:適用されるスキルすべてが物理攻撃になり、力と物理攻撃力を参照するようになる
 --魔法:適用されるスキルすべてが魔法攻撃になり、知能と魔法攻撃力を参照するようになる
 -キャンセルダイビングアローがリストアップされているが、ダイビングアローの誤表記と思われる。
 #areaedit(end)
 
 **共通 [#bd0f15bd]
 ***&ref(シーフのレザーマスタリー.gif,nolink); シーフのレザーマスタリー [#z376efde]
 #areaedit
 >レザー系列装備装備時、攻撃速度、物理クリティカルヒット確率、物理クリティカルヒットダメージ、力が増加する。
 装備したレザー系装備の数が多いほど、効果が上昇する。
 
 -フル装備時
 --力:10+防具レベル×0.5
 --攻撃速度:+5%
 --物理クリティカル率:+10%
 --物理クリティカルダメージ+50%
 #areaedit(end)
 
 
 *シーフ2次職 [#r2f64795]
 **[[ローグ>シーフ/ローグ]] [#w819b4de]
 -スピードが早く、手数で押すタイプの職業。
 -特定のスキルを使う事で連携点を貯められるようになり、貯めた連携点を使い強力な追加攻撃を出す事ができる。
 -空中攻撃やスキルを絡めたコンボが得意な反面、近接職にしては防御が低め。
 -スキルを多用するので、死霊術師ほどではないがMP消費が早い。
 
 
 **[[死霊術師>シーフ/死霊術師]] [#pe703385]
 -召喚と魔法攻撃に特化した、近距離型の魔法職。
 -序盤は召喚型のニコラスと魔法スキルがメイン、Lv35から憑依型のバラクルがメインになる。
 -火力が高く攻撃範囲も広めで死亡の塔も登りやすい。
 -欠点としてバラクルがメインになるLv35以降のMP消費が激しい事と、闇属性攻撃メインの為に特定のダンジョンが苦手な事。
 
 **[[くノ一>シーフ/くノ一]] [#j7b98d49]
 -チャクラウェポン、布装備
 
 *コメント欄(Wikiの編集のできない方はココに情報を) [#yb7c1161]
 &color(red){各ページに設けてあるコメント欄は編集ができない方のためのものです。&br;攻略ページに欠けている情報のみを書いてください。&br;質問は[[アラド戦記したらば>http://jbbs.livedoor.jp/netgame/6969/]]の質問スレへ};
 #pcomment(コメント/シーフ,reply)