Top > シーフ > 死霊術師
HTML convert time to 0.001 sec.


シーフ/死霊術師 の変更点


 //cache0
 #contents
 
 *死霊術師 [#hcfa07e8]
 
 **キャラクター紹介 [#a9bc4dd7]
 #ref(ネクロ.jpg,nolink,center,around)
 #br
 #br
 ''「死者に対する侮辱だというのか?''
 '' 大意のためなら、いくらでも唾を吐いてやるぞ。''
 '' 貴様の霊魂にまでもな!」''
 #br
 #br
 
 -シーフとの違いは移動停止時に紫色のオーラを纏うところ。
 --闇から死霊の力を呼び寄せ、その力を借りて戦う。召喚術と魔法攻撃を重視したシーフ。
 --高位霊「蜘蛛の王子ニコラス」を召喚し、共に戦う。ニコラスは従来の召喚獣よりも優れた能力を持つ。
 --また、自身に「恐怖の大王バラクル」を降霊させ、その強大な力を行使できる様になる。
 
 #region(死霊術師 ストーリー)
 '''黒妖精と妖精の数少ない共通点の1つは、'''
 '''祖先崇拝の伝統が強いということである。'''
 '''1人の生涯が終わればその霊魂は自然と同和され元素と化し、'''
 '''いつか蘇ると信じている彼らにとって、死とはその姿が変わるだけで'''
 '''決して存在そのものの消滅を意味することではない。'''
 '''このような元素の力を借りた魔法のお陰で、今までそれなりに安定した生活ができたので'''
 '''黒妖精達はどんな状況でも、死んだ者に礼儀正しく接することを忘れてはいなかった。'''
 '''しかし、何時からか死人の魂を呼び出し、力の源泉とする者達が現れ始めた。'''
 '''まだ元素になっていない霊魂を強引に閉じ込めて司ることができれば'''
 '''元素の力を借りて使用するよりずっと簡単に強力な威力を発揮できたためである。'''
 '''人間が化け物と呼ぶこの力を黒妖精達は死霊と呼び、'''
 '''死霊術師達は霊魂を侮辱するといって、他の黒妖精達に煙たがられた。'''
 '''しかし呪いという彼女達の秘密めいて強力な力は陰謀を企む者達には'''
 '''垂涎の価値を持つのもまた事実であった。'''
 '''よく死霊術師達が強大な力を得るため、容易い道を選んだと言われているが、'''
 '''それは死霊術を習うために払われる、膨大な犠牲を知らないから言えることだ。'''
 '''死霊に自分の霊魂を任せて、毎日を耐えきれない苦痛の中で生きていかなければならない'''
 '''死霊術師達の生涯は、なみの覚悟やありふれた事情などでは決して選択できない道である。'''
 '''あいにくにも、死霊術師にはシーフ出身が殆どであるが、恐らくそれは特に力に執着する'''
 '''シーフ達の本性のためであろう。'''
 '''しかし、同じシーフ出身のローグとは違い、その力が持つ暗い属性のため、'''
 '''死霊術師達はいくら優れた活躍をしても決して誰にも認めてもらえなかった。'''
 '''このような理由で死霊術師達は傲慢なローグ達のことを嫌う。'''
 '''公然の秘密であるが、元老院側では女王勢力に属した者達に対する牽制のために'''
 '''死霊術師を養成しているといわれる。そればかりか、元老達の長であるシャフロンも'''
 '''死霊術の力を利用するという噂が伝わっている。'''
 '''普段死霊術師は、人格のない不特定の霊魂の力を利用して対象に呪いをかけることを'''
 '''主とするが、その中で一部は古代黒妖精達の王であったバラルクの霊を自分の体に'''
 '''憑依させて非常に強い戦闘力を発揮することもあった。'''
 '''そして元老院は自分自身を守るこのような方法を会得した者達に限って'''
 '''任務を与え、世界各地に派遣した。'''
 #endregion
 
 **転職条件 [#y926d9d5]
 [[転職クエスト>クエスト/転職・覚醒#m2b963f8]]
 
 **キャラクター攻略 [#b502f57a]
 ***死霊術師の特徴 [#o239610b]
 #areaedit
 &color(Teal){【軽甲】}; &color(Red){魔法系};(ダメージタイプ:魔法%+固定の半固定型)
 ニコラスやバラクルを降臨して攻撃する、魔法型の召喚士。
 魔法職にありながら、[[暗黒の儀式>#a4326d61]]の影響により、&color(Red){知能よりも力を優先させる方が攻撃力が上昇する};稀なタイプ。
 -武器はワンド。短剣と双剣も装備することができるが、魔法攻撃力が低いため基本的にはこれらを装備することはない。
 -[[死霊術師の軽甲マスタリー>#a01c36a7]]の効果が非常に高いため、軽甲以外の防具の選択肢はほぼないと考えていい。
 -ニコラスやゾンビを囮にすることができ、バラクルは攻撃力・範囲ともに比較的優秀なため、雑魚殲滅は比較的得意である。
 -バラクルの通常攻撃を含め、攻撃の多くが&color(purple){闇属性攻撃};になるため、闇属性耐性の高い相手には苦労する。
 -ほとんどのスキルが即時発動であり、キャストスキルがあまりない。装備等の「キャスト時○%の確率で〜」という効果はほとんど発動させられない。
 -大して力を入れなくてもそこそこ強くはなれるが、バフスキル及びデバフスキルが優秀で、スイッチングシステムを活用すると非常に強くなる、伸びしろのある職である。
 #areaedit(end)
 
 ***初級者向け講座 [#ne908bdf]
 #region(''死霊術師の育成について'')
 ''死霊術師の育成について''
 -[[虐殺のバラクル降臨>#b7be48df]]を覚えるまで
 ニコラスを召喚しつつ共闘。ニコラスは動きが独特でコンビネーションを取りづらいが、バラクル降臨を覚えるまでは死霊の服従などを駆使してうまく囮にしたい。ゾンビ降臨や亡者の恨みを使って敵を足止めしつつ戦おう。本体は比較的暇だが、暗闇の爪がなかなか強く、クールタイムも短いので、黒糸の陣や暗闇の爪で根気強く敵を殲滅していこう。亡者の恨みは少々当てにくいかもしれないので注意しよう。
 -[[虐殺のバラクル降臨>#b7be48df]]を習得後
 バラクルの攻撃力が高いので、バラクルの通常攻撃だけでも十分戦える。ニコラスの動きが多少把握できているはずなので、ニコラスやゾンビをうまく囮にして戦おう。バラクルの野望は集敵に使える。瞬間火力としては今一つだが、ギロチンを覚えるまでは雑魚集めにボスにと使う場面は多い。ギロチンは主に対ボス用の瞬間火力スキルとしてはかなり優秀。クールタイムが長いので、ボスに使う以外でどこに使うかは悩ましいところだが、習得したら積極的に活用していこう。ギロチンやバラクルの野望は、黒糸の陣の上で発動すると攻撃力が上昇する。リビングデッドも覚えると瞬間火力はかなり跳ねあがる。黒糸の陣は要所要所で使い忘れのないようにしたい。
 #endregion
 
 #region(''推奨スキル振り'')
 ''推奨スキル振り''
 |>|~スキル名|CENTER:~スキルLv|~備考|
 |LEFT:45|LEFT:|CENTER:|LEFT:400|c
 |死霊&br;術師&br;共通|暗闇の爪|M|闇属性抵抗を下げる効果を持つため、非常に有用。クールタイムが少々長めではあるが、攻撃力は低くない。|
 |~|暗黒の儀式|M|死霊術師の知能を上昇させるバフスキル。知能上昇量は非常に優秀でM必須。|
 |~|カーススピア|1〜|死霊術師に転職すると自動で1取得する。威力は夜行魂よりも大きくなるうえ、必要SPも夜行魂ほどではないが、威力は大して高くない。覚醒Aのファントムシュトローム中にも使えるスキルの一つではあるが、使用する場面はそれ以外にない。|
 |~|カーススピア|1〜|死霊術師に転職すると自動で1取得する。威力は夜行魂よりも大きくなるうえ、必要SPも夜行魂ほどではないが、威力は低い。覚醒Aのファントムシュトローム中にも使えるスキルの一つではあるが、高レベルになるほど不要になる。|
 |~|他一般スキル等|-|他のスキルで優先度が高いものは古代の記憶くらい。SPが余ってどうしようもない時には古代の記憶を取っておこう。古代の記憶以外は基本的に不要。|
 |黒魔&br;法書&br;系統|亡者の恨み|1orM|スキルLvを上昇させても攻撃力は今一つ。鈍化効果が有用ではあるが、鈍化が効果的なダンジョンとなるとかなり限られてくる。取得するかどうかはSPと相談。|
 |~|夜行魂|1|攻撃範囲は広く、ヒット数が多いため、ヒット数を稼ぐ・ヒットストップによる足止めなど使い勝手は悪くない。自動発動や黒魔法書:亡者の魂等で威力を上昇させることはできるが、それでも威力は低い。1あれば十分。|
 |~|夜行魂|1|攻撃範囲は広く、ヒット数が多いため、ヒット数を稼ぐ・ヒットストップによる足止めなど使い勝手は悪くない。アンホーリーマスタリーを手軽に発動させられるメリットもある。一方、自動発動や黒魔法書:亡者の魂等で威力を上昇させることはできるが、それでも威力は低い。1あれば十分。|
 |~|黒魔法書:&br;亡者の魂|0or1|リビングデッドを習得するためには必要なスキル。また、亡者の恨みと夜行魂が強化されるため、これらのスキルを使用する場合は取っておいた方がよい。|
 |~|リビングデッド|0orM|死霊術師の中では火力高めの瞬間火力スキル。バラクルの盟約のおかげでバラクル系統のスキルとは相性がいい。|
 |~|亡者の執念|0orM|拘束スキルとして有用なスキル。拘束レベルがスキルLvによって上昇する。しかしM振りしても拘束レベルはそれほど高くはならないうえ、クールタイムも長く、必要SPが非常に大きいので使いどころに悩む。M振りで次元の亀裂3部屋目にいるベニッシュを拘束することができるが、切ってしまう選択肢もアリ。|
 |~|リビングデッド|0orM|死霊術師の中では火力高めの瞬間火力スキル。扱いづらいが、攻撃力はかなり高い。また、バラクルの盟約のおかげでバラクル系統のスキルとは相性がいい。|
 |~|亡者の執念|0orM|拘束スキルとして有用なスキル。スキルLvを上昇させると拘束レベル上昇する。そのため取得するならMだが、M振りしても拘束レベルはそれほど高くはならないうえ、クールタイムも長く、使いどころに悩む。M振りで次元の亀裂3部屋目にいるベニッシュを拘束することができるが、ブラックアラクニアを取得した後は活躍の場も減る。SPがきついネクロでは切ってしまう選択肢も。|
 |ニコラス&br;系統|ニコラス降臨|20〜|動きが独特であるため使い勝手がいいわけではない。しかしニコラス降臨時にしか使用できないスキルも存在するため、そこそこの耐久度を持つ20以上にするのが一般的。M振りすれば火力は多少出る。|
 |~|服従する死霊|1orM|ニコラスに指示するスキル。ニコラスを取得するなら1は必須。それ以上はプレイヤーのニコラスに対する期待次第。|
 |~|ゾンビ降臨|1〜M|大した威力はないが、拘束or囮としてはそこそこ期待できる。黒魔法書:亡者の魂を取得した場合は1必須。非Qスキルなので、絶望の塔・死亡の塔対策としてM振りするのもアリ。|
 |~|黒糸の陣|M|闇属性強化値が上昇するため、バラクルの通常攻撃のみならずギロチンやリビングデッド等のスキル強化に使える。他にも、TPスキルを1でも取得すると拘束スキルとしても活用ができる。M必須。|
 |~|吸気暗勁波|1orM|拘束スキルとして有用。スキルレベルを上げると威力が上昇する。M振りすれば攻撃力はそこそこ程度にはなるが、必要SPが1000を超えるため、高速用と割り切って1で十分と言える。|
 |~|吸気暗勁波|1orM|拘束スキルとして有用。スキルレベルを上げると威力が上昇する。M振りすれば攻撃力はそこそこ程度にはなるが、必要SPが1000を超えるため、拘束用と割り切って1で十分と言える。|
 |~|噴気暗勁波|1orM|吸気暗勁波の上位スキル。スキルレベルを上げると威力が上昇する。M振りすると攻撃力はかなり高くなる。吸気をM振りするくらいなら噴気をM振りした方が有効かもしれない。|
 |~|ブラックアラクニア|1orM|集敵能力は高く、クールタイムも22秒と短いため、非常に使い勝手のいいスキルで使いどころは多い。スキルレベル上昇で威力が上昇するが、死霊術師は他にも火力スキルがあるため、集敵用と割り切って1あれば十分とも言える。|
 |バラクル&br;系統|虐殺のバラクル降臨|M|死霊術師の主力スキル。火力は高く、TPスキルの必要TPも1であるため、運営が「このスキルを使ってくださいね」と言ってるようなもの。よほどのことがない限りはM必須。|
 |~|バラクルの盟約|1(M)|これを取得することで攻撃の幅が広がる。必要SPも高くないので取得しておこう。|
 |~|バラクルの野望|1〜M|クールタイムはそれほど短くはないが、集敵スキルとして使いどころは多い。M振りすれば威力もそこそこは上がる。|
 |~|ギロチン|M|死霊術師の中では一番の高火力スキル。よほどのことがない限りはM取得しておこう。|
 |~|虐殺者の恐怖|M|死霊術師にとっては非常に有用なデバフスキル。バラクルの攻撃でしか発動せず、発動確率は決して高い方ではないが、M取得しておくのが望ましい。|
 |~|アンホーリーマスタリー|M|非常に強力なバフスキル。M取得で攻撃力が20%ほど上昇する。重複効果があるので、バラクルの通常攻撃ブンブンとは相性がいい。|
 |~|エクスキューショナースラッシュ|0〜M|火力としてはバラクルの野望と大きく変わらないが、クールタイムは約50秒と比較的長い。そのため、集敵もできるバラクルの野望を優先する人が多い。一方、こちらは必要SPが野望よりも軽く、また虐殺者の恐怖を確実につけることができるメリットもある。どちらを優先するかは好み。|
 |~|バラクル現身|0〜M|火力としては覚醒スキルのファントムシュトロームと大差ない。取得するかは当然好みだが、別になくても困らない。カットインで表示される縦ロールのネクロマンサーちゃん可愛いから取るのもアリ。|
 |~|バラクル現身|0〜M|火力としては覚醒スキルのファントムシュトロームと大差ない。ただこちらはファントムシュトロームより短時間で大ダメージを与えてくれる。発動中はバラクルが使えないなどデメリットもあり、別になくても困らない。あると異界や古代ダンジョンなどの高難度ダンジョンで活躍できるかもしれない。カットインで表示される縦ロールのネクロマンサーちゃん可愛い。|
 #endregion
 
 #region(''推奨アバター能力の選択'')
 ''推奨アバターの能力の選択''
 |~部位|~備考|h
 |CENTER:70|LEFT:|c
 |頭・帽子|死霊術師の主力スキルであるバラクルの攻撃速度は、死霊術師のキャスト速度に影響を受ける。死霊術師はバラクルの通常攻撃を多用することになるので、知能職ではあるが、知能ではなくキャスト速度を選択する人が多くみられる。一方、知能を選択すると、キャスト速度だった場合に比して、通常攻撃のみならずギロチンやバラクルの野望のダメージでもアドバンテージがある。どちらを選ぶかは好みの問題とも言えるが、キャスト速度を選択しておくのがとりあえずは無難だろう。|
 |顔・胸|死霊術師は自身が攻撃することはあまりないため、顔・胸アバターの能力が攻撃速度でなければならない必要はない。ただ、ギロチンやバラクルの野望の発生速度に影響するので、攻撃速度にしておくのが一応無難とは言える。|
 |上着|死霊術師の主力スキルはバラクルの通常攻撃なので、上着の能力はバラクル降臨にしておくのが無難だろう。|
 |腰・パンツ|何でもよし。|
 |靴|暗黒の儀式の知能上昇を狙って力が無難。|
 |肌・オーラ|力・知能の上昇するものを選ぼう。|
 #endregion
 
 #region(''推奨エンブレム'')
 ''推奨エンブレム''
 |~部位|~備考|h
 |CENTER:50|LEFT:|c
 |赤|魔法クリティカル率を100パーセントにできるなら力エンブレムがよい。そうでないならデュアルエンブレムの知能+魔法クリティカルでもよい。|
 |黄|キャスト速度が無難。|
 |緑|魔法クリティカル率を100パーセントにできるなら力+物理クリティカルがよい。そうでないなら魔法クリティカルかデュアルエンブレムの知能+魔法クリティカルがよい。|
 |青|デュアルエンブレムのキャスト速度+的中がベターではあるが、キャスト速度+移動速度でもよい。|
 |プラチナ|バラクル降臨が無難。|
 |多色|魔法クリティカルが100パーセントにできるなら力エンブレムがよい。そうでないなら知能+魔法クリティカル・魔法クリティカルのどちらかがよい。|
 #endregion
 
 ***中級者向け講座 [#w4b7071b]
 #region(''死霊術師の属性について'')
 ''死霊術師の属性について''
 死霊術師のスキル攻撃は大半が強制的に闇属性になるが、中には属性の影響を受けないものもある。そこで、強制的に闇属性とならない死霊術師のスキルについては下記を参考にするといい。
 |~スキル名|~属性|~死霊術師の属性に影響を受けるか|h
 |炎火斬|火属性|受けない|
 |カーススピア|闇属性|受けない|
 |各シーフスキル|無属性攻撃|受ける|
 |ニコラス|手刀は無属性&br;それ以外は闇属性|手刀のみ受ける|
 |ゾンビ降臨|闇属性|受けない|
 |黒糸の陣|闇属性|受けない|
 |吸気暗頸波|蜘蛛の糸は無属性&br;最後の爆発攻撃は闇属性|蜘蛛の糸攻撃のみ受ける|
 |噴気暗頸波|最初の蜘蛛の糸攻撃・HP吸収攻撃は無属性&br;最後の爆発攻撃は闇属性|蜘蛛の糸攻撃のみ受ける|
 |吸気暗頸波|初撃の蜘蛛の糸攻撃は無属性&br;続くHP吸収攻撃も無属性&br;最後の爆発攻撃は闇属性|初撃の蜘蛛の糸攻撃&br;及びHP吸収攻撃のみ受ける|
 |噴気暗頸波|初撃の蜘蛛の糸攻撃は無属性&br;続くHP吸収攻撃は闇属性&br;最後の爆発攻撃も闇属性|初撃の蜘蛛の糸攻撃のみ受ける|
 |暗闇の爪|闇属性|受けない|
 |黒魔法書系統|闇属性|受けない|
 |バラクル系統|闇属性|受けない|
 #endregion
 
 #region(''黒魔法書:亡者の魂の決定タイミング'')
 ''黒魔法書:亡者の魂の決定タイミング'')
 |>|~黒魔法書:亡者の魂の決定タイミング|h
 |スキルレベル|リアルタイム&br;(アイコン表記だけは発動時固定)|
 #endregion
 
 #region(''ニコラス降臨の決定タイミング'')
 ''ニコラス降臨の決定タイミング''
 |>|~[[ニコラス降臨>#n8290a56]]の決定タイミング|h
 |クールタイム|発動時|
 |スキルレベル|発動時|
 |魔法攻撃力|リアルタイム|
 |属性強化値|リアルタイム|
 |ダメージ増加|リアルタイム|
 |ダメージ追加|リアルタイム|
 |スキルダメージ増加|リアルタイム|
 |降臨中のみ使用可能&br;になるスキル|[[服従する死霊>#yc55cdb2]]&br;[[ゾンビ降臨>#mf0f6099]]&br;[[黒糸の陣>#u8f97595]]&br;[[吸気暗勁波>#s220164c]](Q)&br;噴気暗頸波(QQ)|
 -ニコラスは、バラクル降臨とは異なり、ニコラス自体にレベルというパラメータが存在し、これが発動時に決定されている。ニコラス降臨スキルレベルを上昇させることで、ニコラスのレベルが上昇するため、装備品の持ち替えなどによってニコラス降臨のブーストを図ることができる。
 -ニコラス降臨のスキルレベルは、覚醒アクティブスキルのファントムシュトロームによってもブーストが可能であるため、覚醒アクティブをブーストさせることで、同時にニコラスのブーストを図ることができる。
 #endregion
 
 #region(''吸氣暗頸波、噴氣暗頸波の決定タイミング'')
 ''吸氣暗頸波、噴氣暗頸波の決定タイミング''
 |>|~吸氣暗頸波、噴氣暗頸波の決定タイミング|h
 |クールタイム|発動時|
 |魔法攻撃力|リアルタイム|
 |維持時間|リアルタイム|
 #endregion
 
 #region(''虐殺のバラクル降臨の決定タイミング'')
 ''虐殺のバラクル降臨の決定タイミング''
 |>|~[[虐殺のバラクル降臨>#b7be48df]]の決定タイミング|h
 |クールタイム|発動時及び解除時|
 |スキルレベル|リアルタイム&br;(アイコンの表記だけは発動時固定)|
 |魔法攻撃力|リアルタイム|
 |スキル攻撃力増加|リアルタイム|
 |ダメージ増加|リアルタイム|
 |ダメージ追加|リアルタイム|
 |属性強化値|リアルタイム|
 |降霊時のみ使用可|[[バラクルの野望>#v81e2cbf]](Q)&br;[[ギロチン>#q4213feb]](QQ)&br;[[虐殺者の恐怖>#u0dd36e3]](覚醒P)&br;[[ファントムシュトローム>#sc0c428c]](覚醒A)|
 |降霊時強化されるスキル|[[ダークソウル>#u991b919]]|
 -バラクル自体には知能というパラメーターが存在せず、死霊術師の知能はバラクルの攻撃力には直接影響しない。しかし、死霊術師の知能は死霊術師の魔法攻撃力に影響を与えるため、バラクルの攻撃力は、死霊術師の魔法攻撃力を通して間接的にリアルタイムで知能を参照しているとも言える。
 #endregion
 
 #region(''リビングデッドの決定タイミング'')
 ''リビングデッドの決定タイミング''
 |>|~リビングデッドの決定タイミング|
 |>|CENTER:|c
 |クールタイム|発動時|
 |スキルレベル|発動時|
 |ダメージ増加|リアルタイム|
 |ダメージ追加|リアルタイム|
 |スキルダメージ増加|リアルタイム|
 |魔法攻撃力|リアルタイム|
 |属性強化値|リアルタイム|
 #endregion
 
 #region(''バラクルの盟約の決定タイミング'')
 ''バラクルの盟約の決定タイミング''
 |>|~バラクルの盟約の決定タイミング|h
 |スキルレベル|バラクルの盟約が発動していない状態で「暗黒の儀式」と「バラクル降臨」がはじめて同時に存在した時|
 -バラクルの盟約は、暗黒の儀式を使った状態でバラクルを降臨させた際か、もしくは、バラクルを降臨させている状態で暗黒の儀式を使用した際の、「バラクルの盟約」スキルレベルで固定となる。
 -暗黒の儀式およびバラクル降臨スキルを使った状態で再度暗黒の儀式を使用しても、バラクルの盟約のスキルレベルは更新されない。一方、暗黒の儀式およびバラクル降臨スキルを使った状態でバラクルを一度解除した場合(終了した場合も同様)は、バラクル解除時に同時にバラクルの盟約スキルも解除されることになる。そのため、その後再度バラクルを降臨すると、その再度降臨した際のバラクルの盟約のスキルレベルで固定される。
 -暗黒の儀式ブースト装備との兼ね合いで効果的なのは、暗黒の儀式ブースト装備で暗黒の儀式を使用した後、バラクルの盟約ブースト装備でバラクル降臨スキルを使用することである。バラクルを再度降臨させる場合も、この順番を守っていれば安心である。
 #endregion
 
 #region(''虐殺者の恐怖の決定タイミング'')
 ''虐殺者の恐怖の決定タイミング''
 |>|~虐殺者の恐怖の決定タイミング|h
 |スキルレベル|虐殺者の恐怖が敵モンスターに付いた時|
 -虐殺者の恐怖は、当該スキルが敵モンスターに付いた時の死霊術師の当該スキルで固定である。そのため、装備の持ち替えなどによってブーストが可能である。
 -虐殺者の恐怖スキルはブーストすると、防御力減少効果が約2倍かつ追加で闇属性減少値を2程度増加させるので、うまく活用することができれば非常に強力である。
 -虐殺者の恐怖が敵につくか否かは確率であるが、確実に付けることができるエクスキューショナースラッシュやバラクル現身との組み合わせで幾分計算することができる。ただし、特に武器の付け替えを行うとエクスキューショナースラッシュ自体の威力が影響を受けるため武器の付け替えは慎重になる必要があるかもしれない。一方で、発動後即座に虐殺者の恐怖を付けてくれるバラクル現身は、ダメージを与え始めるまでに間隔もあることから虐殺者の恐怖のブーストとは非常に相性がいい。
 -また、虐殺者の恐怖の持続時間は10秒で固定されているため、手動付け替えではかなりシビアな操作が要求されると予想される。スイッチングシステムを上手に活用できれば効果的かもしれない。
 -なお、虐殺者の恐怖が一度的モンスターに付くと、それ以後当該虐殺者の恐怖状態が解除されるまでは、バラクルでどんなに攻撃しても虐殺者の恐怖を上書きすることはない。
 #endregion
 
 #region(''ファントムシュトロームの決定タイミング'')
 ''ファントムシュトロームの決定タイミング''
 |>|~ファントムシュトロームの決定タイミング|h
 |>|CENTER:|c
 |クールタイム|発動時|
 |スキルレベル|発動時|
 |魔法攻撃力|リアルタイム|
 |属性強化値|リアルタイム|
 -ファントムシュトロームは、バラクル降臨時のみ使用可能なスキルであるが、その性能は死霊術師のリアルタイムの魔法攻撃力および属性強化値を参照している。
 -ファントムシュトロームは死霊術師の知能自身には影響を受けないが、死霊術師の知能は死霊術師の魔法攻撃力値に影響を与える。そのため、ファントムシュトロームは、死霊術師の知能を魔法攻撃力値を通してリアルタイムで間接的に参照している。
 #endregion
 
 #region(''暗黒の儀式'')
 ''暗黒の儀式''
 -暗黒の儀式を14レベル以上にすると、知能を上昇させるよりも、力を上昇させた方が、知能が上昇する。
 -暗黒の儀式の計算式は、以下の通りである。
 --上昇する知能=「死霊術師の力(*)」× 「力減少率(**)」 ×「知能変換率(***)」
 (*)ただし死霊術師の力でも反映されるものとされないものがあるので注意。
 |~反映されるもの|~反映されないもの|h
 |装備の力補正値&br;補助装備・魔法石の強化による力補正値&br;増幅&br;魔法付与&br;アバター&br;エンブレム&br;マイルーム&br;異名&br;コレクト箱&br;クリーチャー&br;アーティファクト|冒険団&br;ギルドスキル&br;バフスキル(○の時、力○上昇などを含む)&br;力の秘薬各種&br;レガシー複数装備によるボーナス&br;異界における抗魔ボーナス&br;異界における抗魔不足ペナルティ|
 (**)力減少率は、暗黒の儀式のスキルレベルを上げても66%と固定であるが、3次クロニクルの暗黒の儀式緑付与によってこれを上昇させることができる。武器が2ポイント分・その他が1ポイント分、力減少率が上昇する。
 (***)知能変換率は、『0.96+暗黒の儀式スキルレベル×0.04』で求めることができる。暗黒の儀式スキルレベルを1上昇させると、0.0264×「死霊術師の力」の値だけ、知能が上昇する。
 -知能上昇の最大値は4444で固定されている。契約込み(スキルレベル34)で全身緑付与の場合、力が2456で知能上昇4444となり頭打ちとなる。すなわち、力を2457以上にしても、知能上昇は4444で固定となる。一方で、2456までは知能より力を優先した方が知能は上昇する。
 -例えば、スイッチングシステムを活用して暗黒の儀式をブーストする際に、&color(Red){防具にどの装備を選択するか迷った場合には、基本的に力補正値の高いものを装備しておくのが良い。};特に、[[死霊術師の軽甲マスタリー>#a01c36a7]]は力が上昇しないので、単に装備品の力補正値を比較して、力補正値が上なものを装備すると、暗黒の儀式により知能がより上昇する。また、3次クロニクルの暗黒の儀式緑付与装備と他の装備で迷った場合には計算がややこしく分かりづらいが、その場合でも基本的に力補正値がより上昇する装備を付けた方が良い。そこで以下に計算を記載しておく。
 --死霊術師の知能変換率をI、3次クロニクル暗黒の儀式緑付与装備の力補正値をPiとした場合に上昇する知能Iiは
 Ii=0.67×I×Pi
 一方、他の装備品の力補正値をPiiとした場合に上昇する知能Iiiは
 Iii=0.66×I×Pii
 となる。そこで、IiとIiiの大小を比べると
 Ii−Iii=0.01×I(67Pi−66Pii)=0.67×I(Pi−66/67×Pii)
 すなわち、PiiがPiの67/66倍(≒1.01倍)以上だった場合には、Iiiの方が知能が上昇する。そこで、3次クロニクルよりも力補正値が特に高い装備を下記''クロニクル装備よりも力補正値の高い装備品''にまとめておく。
 -スキルレベルを上昇させる装備と、3次クロニクル緑付与装備のどちらを選択するか迷った場合に、どちらがより知能が上昇するかの計算は以下の通り。ただし、3次クロニクル装備品の力補正値が比較的高めに設定されており、基本的には、3次クロニクル緑付与で無難と考えおいて問題はない。
 --暗黒の儀式スキルレベルをS、死霊術師の力をPとした場合に、スキルレベルを1上昇させた場合に上昇する知能I1は
 I1=0.66P(0.96+0.04(S+1))−0.66P(0.96+0.04S)
  =0.66P×0.04=0.0264P
 となる。一方、緑付与により力減少率が1ポイント上昇した場合に、暗黒の儀式によって上昇する知能I2は
 I2=0.67P(0.96+0.04S)−0.66P(0.96+0.04S)
  =0.01P(0.96+0.04S)=0.0004P(S+24)
 となる。そこで、I1とI2の大小を比べると、
 I2−I1=0.0004P(S+24)−0.0264P
    =0.0004P(S+24)−0.0004P×66=0.0004P(S−42)
 となる。すなわち、S(スキルレベル)が42に届かないうちは、両者の力・知能の数値が全く同一であれば、3次クロニクル緑付与(I2)よりも、スキルレベルの1上昇する装備(I1)を装備した方が「わずかに」知能が上昇するという計算になる。
 -スキルレベルを上昇させる装備と、力補正値の高い装備で迷った場合に、どちらを装備した方がより知能が上昇するかは、以下の計算の通り。基本的に力補正値の高いものを装備した方がより知能が上昇すると覚えておけばよい。
 --暗黒の儀式のスキルレベルをSとすると、知能変換率I(S)は、
 I(S)=0.96+0.04S
 となる。そこで、この場合にスキルレベルを1上昇させた場合のI(S+1)と比較すると、暗黒の儀式のスキルレベルが30の場合(契約込でMは34)、
 I(S+1)/I(S)=1.0185…
 となり、
 暗黒の儀式のスキルレベルが40の場合(マスターレベルは40)、
 I(S+1)/I(S)=1.015625
 となる。そのため、スキルレベルを上昇させた場合の知能変換率は、スキルレベルを上昇させても1.01倍程度にしかならない。スキルレベルを1上昇させる装備の装備品の力補正値をPa、力補正値の高い装備品の力補正値をPbとすると、Pbが(1.01×Pa)を上回った場合、すなわち、力補正値Pbが、Paの力補正値の1.01倍を上回った場合には、力補正値の高い装備品を装備した方が知能はより上昇する計算となる。そのため、基本的には、スキルレベルを1上昇させるよりも、1でも力補正値が高い装備品を装備しておく方が知能が上昇すると覚えておくのが無難かもしれない。これは魔法付与でも同じことが言える。例えば、靴の魔法付与でスキルレベルを1上昇させるものと、力を25上昇させるライダー付与では、後者の方が知能が大きく上昇することになる。そのため、同じお金を使うのなら、スキルレベルにこだわるよりは、魔法付与や装備品のランクにこだわって力を上昇させた方が効率的である。
 #endregion
 
 #region(''クロニクル装備よりも力補正値の高い装備品'')
 ''クロニクル装備よりも力補正値の高い装備品''
 ~
 |~部位|~3次クロニクル装備の&br;力補正値|>|>|>|~クロニクル装備よりも力補正値の高い装備|h
 |~|~|~装備名|~種類|~要求Lv|~力補正値|h
 |>|>|>|>|>|CENTER:|c
 |武器|0|&color(blueviolet){レガシー:クレーターアッシュバン};|短剣|85|96|
 |~|~|&color(orangered){鎮魂のダガー};|短剣|85|101|
 |~|~|&color(orangered){リベレーションダガー};|短剣|85|129|
 |~|~|&color(blueviolet){レガシー:レモラのラムスタン};|双剣|85|96|
 |~|~|&color(orangered){鎮魂のツインソード};|双剣|85|101|
 |~|~|&color(orangered){リベレーションツインソード};|双剣|85|129|
 |上着|56|&color(deeppink){真・黒き疾病の黒骨メイル};|軽甲|85|144|
 |~|~|&color(deeppink){真・黒き疾病の黒皮チュニック};|レザー|85|127|
 |~|~|&color(deeppink){真・黒き疾病の黒牙メイル};|重甲|85|130|
 |~|~|&color(deeppink){真・黒き疾病の黒狼アーマー};|板金|85|127|
 |~|~|&color(orangered){ラビネーターの霊魂の巻物};|クロース|85|91|
 |~|~|&color(orangered){破壊の鎧};|軽甲|85|105|
 |~|~|&color(orangered){ハイパーメカタウの動力鎧};|重甲|85|122|
 |下着|56|&color(orangered){真・プロファイターのパンツ各種};|各種|85|143〜193|
 |~|~|&color(orangered){武神の気運が宿ったパンツ各種};|各種|85|165〜215|
 |~|~|&color(orangered){ロックスライドロアートラウザ};|レザー|85|108|
 |~|~|&color(orangered){ハイパーフルプロテクション};|重甲|85|155|
 |~|~|&color(orangered){強腕のチェーンレギンス};|重甲|85|133|
 |肩|47|&color(deeppink){アイアンスパイクショルダーパッド};|重甲|85|68|
 |~|~|&color(orangered){赤い波のオーバーマント};|軽甲|85|84|
 |腰|41|&color(orangered){マックダウンヘビーバックル};|軽甲|85|173|
 |~|~|&color(orangered){警備責任者の骸骨ベルト};|軽甲|85|63|
 |~|~|&color(orangered){突撃隊長の万能ベルト};|重甲|85|83|
 |靴|41|&color(orangered){炎の波オーバーシューズ};|軽甲|85|74|
 |~|~|&color(orangered){ダークルブグリーブ};|板金|85|123|
 |~|~|&color(orangered){ハイパーメカタウのひづめ};|板金|85|79|
 |首|23|&color(orangered){ケインの遺骨};|-|85|55|
 |~|~|&color(orangered){呪いの宿った骸骨ネックレス};|-|85|99|
 |腕|50|&color(deeppink){尋常ではない速報の腕輪};|-|80|91|
 |~|~|&color(orangered){ハイパーメカタウの手首関節};|-|85|111|
 |~|~|&color(orangered){武神の気運が宿った腕輪};|-|85|95|
 |指|53|&color(deeppink){尋常ではない速攻の指輪};|-|80|99|
 |指|53|&color(deeppink){極端の指輪};|-|75||
 |~|~|&color(deeppink){尋常ではない速攻の指輪};|-|80|99|
 |~|~|&color(orangered){ボロディン皇帝の武具};|-|85|158|
 |~|~|&color(orangered){狂乱の刃};|-|85|92|
 |~|~|&color(orangered){ゼノンの心臓};|-|85|191|
 |~|~|&color(orangered){ユリスの決心};|-|85|92|
 |~|~|&color(orangered){武神の気運が宿った指輪};|-|85|92|
 |補助|33|&color(deeppink){スジュの賞章};|-|60|67|
 |~|~|&color(deeppink){青色のオーラ};|-|60|72|
 |~|~|&color(darkorange){ブワンガの族長腕章};|-|60|118|
 |~|~|&color(deeppink){ハインリヒー家の紋章};|-|65|78|
 |~|~|&color(darkorange){信条の丸薬};|-|70|78|
 |~|~|&color(darkorange){竜の襟章};|-|70|131|
 |~|~|&color(deeppink){サイファーズのアームバンド};|-|80|92|
 |~|~|&color(darkorange){シンヤの丸薬};|-|80|88|
 |~|~|&color(darkorange){ジベン皇国の腕章};|-|80|143|
 |~|~|&color(deeppink){名家のブローチ};|-|85|97|
 |~|~|&color(deeppink){ベッキーの特殊ゴーグル};|-|85|76|
 |~|~|&color(deeppink){アイアンギアのマイクロコア};|-|85|74|
 |~|~|&color(orangered){突撃隊長のアタックマキシマイザー};|-|85|121|
 |~|~|&color(orangered){ハンマー王の証};|-|85|171|
 |~|~|&color(orangered){満開の黒煙の気運};|-|85|94|
 |魔法石|45|&color(deeppink){金剛石柱かけら};|-|65|91|
 |~|~|&color(darkorange){プラタニの黄金石};|-|65|147|
 |~|~|&color(darkorange){アイリスのメメント各種};|-|65|95|
 |~|~|&color(deeppink){輝く紫水晶の塊};|-|70|99|
 |~|~|&color(deeppink){金鉱石};|-|75|106|
 |~|~|&color(darkorange){テラ石};|-|75|164|
 |~|~|&color(darkorange){熱血男児の汗の結晶体};|-|75|117|
 |~|~|&color(darkorange){破滅のタリスマンストーン各種};|-|75|109|
 |~|~|&color(darkorange){増幅のタリスマンストーン各種};|-|75|109|
 |~|~|&color(deeppink){真・破壊の融和石};|-|78|112|
 |~|~|&color(deeppink){上級新米ファイターの魔法石};|-|80|92|
 |~|~|&color(deeppink){熟練ファイターの魔法石};|-|80|98|
 |~|~|&color(orangered){プロファイターの魔法石};|-|80|110|
 |~|~|&color(deeppink){エメラルド結晶};|-|80|114|
 |~|~|&color(deeppink){機械龍の精髄};|-|85|102|
 |~|~|&color(deeppink){執念の化石};|-|85|121|
 |~|~|&color(orangered){二個の心臓};|-|85|91|
 |~|~|&color(orangered){貪欲の眼光};|-|85|113|
 |~|~|&color(orangered){真・プロファイターの魔法石};|-|85|124|
 |~|~|&color(orangered){スカルケインの血玉球};|-|85|141|
 |~|~|&color(orangered){武神の気運が宿った魔法石};|-|85|141|
 #endregion
 
 #region(''暗黒の儀式ブーストに役立つ魔法付与一覧'')
 ''暗黒の儀式ブーストに役立つ魔法付与一覧''
 ~
 |~部位|~力上昇量|~カード名|h
 |>|>|CENTER:|c
 |上着|65|&color(deeppink){強腕のクロ};|
 |武器・上着・パンツ|50|&color(darkorange){使徒カイン};|
 |~|50|&color(deeppink){深淵のメデル};|
 |~|45|&color(deeppink){黒火のローク};|
 |~|40(45)|&color(deeppink){メタルギア};|
 |~|38(40)|&color(deeppink){エンゾ・シフォ};|
 |~|35(37)|&color(deeppink){ゴブリン王・ゴルゴ};|
 |~|30(31)|&color(blueviolet){メカニック・ジゼル};|
 |靴|25|&color(deeppink){ライダー};|
 #endregion
 
 ***上級者向け講座 [#b7dca9d5]
 ***上級者向け講座 [#rf77f249]
 &color(blue){情報量が多かったため以下wikiにまとめられています。};
 -''死霊術師(ネクロマンサー)・デスブリンガー Wiki''
 http://wikiwiki.jp/arad_necro/
 
 *スキル [#va688610]
 
 **死霊 [#v4ff0653]
 #include(シーフ/共通スキル/死霊,notitle)
 #br
 #include(シーフ/死霊術師/転職スキル1,notitle)
 #br
 #include(シーフ/死霊術師/転職スキル2,notitle)
 
 **特性スキル [#ld63bfed]
 #include2(シーフ/共通スキル/特性パッシブ,,none)
 #br
 #include2(シーフ/死霊術師/特性スキル,,none)
 
 *デスブリンガー [#uc53ac67]
 ''バラクルの能力を極大化させて、''
 ''強力な殺傷能力を手に入れた死霊術師''
 
 #region(ストーリー)
 '''全ての生命を恐れおののかせた究極の虐殺者であらせられ、'''
 '''偉大なる黒妖精に本当の自由をもたらさんとなさった恐怖の大王バラクルよ。'''
 '''今ここに立った、従者の祈りに応えて微賤なこの体を用い、'''
 '''本物の威厳を世の中に轟かせ給え。'''
 '''傲慢な妖精達と狡猾な世辞者の小物には'''
 '''懲罰の剣が打ち下ろされ、大王の怒りをお刻みになり、'''
 '''裏切者の人間と恥知らずの黒妖精の裏切り者には復讐の炎を下され、'''
 '''永遠に苦痛の中で懺悔させ給え。'''
 '''ここに大王のお呼びに応えて、恐怖の軍隊が墓から蘇らん。'''
 '''その前を阻む全ての敵は、決して抜けられない絶望に慄くことになろう。'''
 '''嗚呼!恐怖の大王バラクルよ。'''
 '''どうかこの微賤な従者の懇切な祈りに応じになられ非業の死を乗り越えられ、'''
 '''再度この体に降臨され給え。'''
 '''ベヌスに呪いを!神々しい黒妖精に栄光あれ!'''
 #endregion
 
 **覚醒クエスト [#xd1d46de]
 [[覚醒クエスト>クエスト/転職・覚醒#b7917307]]
 
 **覚醒スキル [#uf4c370a]
 #include2(シーフ/死霊術師/覚醒スキル,,none)
 
 *タナトス [#nf626579]
 ''掟を破るべからず''
 
 #region(ストーリー)
 '''死霊術師を覚えようとする者たちよ。'''
 '''そなたたちの無知とうぬぼれに軽蔑と関心の意を示し、'''
 '''この文章を書き始めよう。'''
 '''そなたたちが背負ったものが何であれ…今の選択肢は間違っている。'''
 '''屋根を直すために柱を壊すのと同じ…。'''
 '''少しでも理解できるなら…直ちにやめるべきだ。'''
 
 '''そして…未だ欲望に駆られ、突き進んでいる者たちよ。大いに喜べ。'''
 '''楽に命を落とすことはできないだろう。'''
 '''実に哀れな者たちよ……。'''
 
 '''自分の手に負えない魂を呼び出してはならぬ。'''
 '''死霊術は世の中に残っているエネルギーをかき集め、術者の力にする呪術…。'''
 '''決して死者をこの世に呼び出す呪術ではあるまい。'''
 '''ある愚か者は悪霊を操ることも死霊術の1つだと主張したが、'''
 '''生前の未練によって強靭な力を手に入れた魂を…操れると思うのか?'''
 
 '''掟を破るべからず。'''
 '''そなたたちの無知ゆえの悲劇はごめんだ。'''
 '''むしろ魂にやられ、自我がすり減り、埃より小さくなるまで…苦しみの中であがきたくなければ…。'''
 '''死を避けたつもりが迎えることになってしまうだろう。くだらない欲望は捨ててしまえ。'''
 '''もし、運よく生き延びた奴がいたなら…声をかけてくれ。'''
 '''この親切な助言を聞き流した奴の…その顔が見てみたい。'''
 
 '''あくまでも、私がその時まで理性を保っていればの話だが。'''
 
 '''初代タナトス、クロリンドの著書より。'''
 #endregion
 
 **2次覚醒スキル [#uf4c370a]
 **2次覚醒スキル [#wd7be05e]
 #include2(シーフ/死霊術師/2次覚醒スキル,,none)
 
 *コメント欄(Wikiの編集のできない方はココに情報を) [#yb7c1161]
 &color(red){各ページに設けてあるコメント欄は編集ができない方のためのものです。&br;攻略ページに欠けている情報のみを書いてください。&br;質問は[[アラド戦記したらば>http://jbbs.livedoor.jp/netgame/6969/]]の質問スレへ};
 #pcomment(コメント/死霊術師,reply)