Top > ダークナイト
HTML convert time to 0.003 sec.


ダークナイト の変更点


 //cache0
 #contents
 
 *ダークナイト [#w7c52dbb]
 **キャラクター紹介 [#l7ff33f8]
 #ref(darkknight.png,nolink,around)
 #br
 #br
 #br
 ''俺の腕がなぜ黒く変わったのか、''
 ''知りたくないか?''
 #br
 #br
 
 **キャラクター攻略 [#n0f7bf2a]
 ***''ダークナイトの特徴'' [#l532f080]
 -日本版CV:安元洋貴
 -&color(Red){''Lv70以上のキャラクターがアカウントに居ないと''};作成不可能。
 -ウェポンマスター、バーサーカー、ソウルブリンガー、阿修羅のスキルを模したスキルを使用できる。
 鬼剣士スキル全てを使用できるわけでは無いが、それでも使用できるスキル数は全職の中で最も多い。
 -スキルは全て闇属性のように見えるが、闇属性攻撃は一部の魔法スキルのみ。具体的には[[ダークスラッシュ>#i4ef986e]]、[[スピンアタック>#t3264f05]]、[[トリプルステップ>#p6cf0e0a]]、[[ウィップアタック>#n970a368]]、[[ダークフォール>#ke96ff20]]、[[モメンタリースラッシュ>#r9b699ed]]、[[ダークフレームソード>#g474a021]]が闇属性攻撃。
 -鬼剣士系列の全ての武器マスタリーとレザー以外の全ての防具マスタリーを持つ。
 使用可能スキルの幅広さも相まって、魔法型、物理型、ハイブリッド型など育成の幅が広い。
 -コンボシステムにより、スキル同士を組み合わせた様々なコンボを組むことが可能になり、プレイヤーの選択の幅が非常に広い。コンボシステムの詳細は[[ダークナイトの立ち回り>#z15bdd7a]]を参照。
 #br
 ***''各武器の特徴'' [#u0858dad]
 物理:大剣>鈍器>ブレード>小剣>光剣
 魔法:小剣>ブレード>鈍器>大剣>光剣
 速度:光剣>ブレード>小剣>鈍器>大剣
 
 -小剣
 魔法攻撃力が最も高く、魔法クリティカルも上昇する。
 物理もあるが、攻撃速度は平均的。
 魔法特化型におすすめ。
 
 -大剣
 物理攻撃力が最も高い。
 攻撃速度が遅くヒットストップも大きいため、攻撃を潰されやすいのが難点。
 物理特化型におすすめ。
 
 -ブレード
 魔法攻撃力は小剣に次いで高く、バランスが良い武器。
 攻撃速度もあり、立ち回りやすい。
 
 -鈍器
 物理攻撃力は大剣に次いで高い。
 [[ピアスストライク>#j923c58c]]に気絶効果が付き、[[バウンスブロー>#nad58026]]に衝撃波が付く。
 他の武器より比較的安く出回っている。
 
 -光剣
 物理、魔法攻撃力は最も低いが攻撃速度は最も速い。
 物理クールも僅かながら減少し、手数で攻めるスタイルとなる。
 %%光剣にこだわりが無い限り他を選択したほうが無難である。%%
 &color(Red){NewBalanceにより[[光剣マスタリー>#q7c99c5c]]の攻撃力と的中率が増加した。};
 ***''各防具の特徴'' [#hb2e0df9]
 ''4種の防具マスタリーを持っているが、他職のような専用マスタリーではないので効果は他と比べて低い。''
 -クロース
 クロースマスタリーの効果で、知能、キャスト速度、HPMAX、MP回復速度が増加。
 魔法スキルメイン向け。ただし防御力が極めて低いため、事故死に注意。
 %%現状はキャスト以外全ての要素が板金に劣っている、よっぽどの拘りが無ければ板金が良いだろう。%%
 &color(Red){NewBalanceによりクロースマスタリーの知能増加量とMP回復量が増加した。};
 
 -レザー
 ダークナイトはレザーマスタリーを持っていないため、これを装備することはまずあり得ない。
 
 -軽甲
 軽甲マスタリーの効果で、力、ヒットリカバリー、MPMAX、MP回復速度が増加。
 物理スキルメイン向け。
 
 -重甲
 重甲マスタリーの効果で、力、精神力、物理防御力、HPMAX、MPMAX、MP回復速度が増加。
 軽甲と比べると力上昇が低い代わりに防御力が高い。しかし火力を落としてまで重甲を選ぶ価値はない。
 
 -板金
 板金マスタリーの効果で、知能、精神力、キャスト速度、HPMAX、MPMAX、MP回復速度が増加。
 魔法スキルメイン向け。十分な火力と、圧倒的な物理防御力を得ることが出来る。
 ***''ダークナイトの立ち回り'' [#z15bdd7a]
 -どんな武器と防具をチョイスするか?
 --全ての武器と防具を装備出来るが、NewBalanceにより物理スキルが大幅に強化され魔法スキルも豊富に存在するがキャラクターとしては物理職になっているので武器は大剣、もしくは鈍器が主となり、拘りがなければ防具は軽甲がセオリーとなる。
 --鈍器を持つと一部のスキル性能が変化するので持ち替え用として持つ場合もある。
 
 -コンボシステムをいかに有効活用できるかが鍵となる。
 --短クール、火力、範囲、拘束、集敵、遠距離など、目的別にバランスよくコンボを設定すると立ち回りも楽になる。
 --全てのスキルをコンボに組み込む必要はない。投げ技や追撃用に単体でスキルを使うのも良い。
 --コンボの組み合わせは膨大にある。正解はないので、自分の使いやすいスキル設定を見つけていく事が大事。
 
 -コンボシステムの概要
 --スキルショートカットの1番から6番までがコンボスロットとなり、それぞれ最大6段階までコンボを組むことができる。
 ---スキルキーを押すと1段階目にセットしたスキルが発動し、コンボクールが発生する。
 ---コンボクールが終了すると2段階目のスキルを使用可能になる。直前のスキルをキャンセル可能。
 ---2段階目のスキルを使用すると再びコンボクールが発生する。以下繰り返し。
 ---コンボがすべて終了するか、一定の条件を満たすとスロットクールが発生する。
 ---スロットクールが終了すると、再び1段階目のスキルから発動できるようになる。
 ---コンボは必ずしも前のスキルをキャンセルする必要はなく、間に移動や基本攻撃を挟んでも可能。
 --注意点
 ---バックステップや跳躍などの共通スキルをコンボスロットにセットすることは出来ない。
 ---1スキルにつき1か所にしか登録できない。別のコンボスロット内に組み込むことも不可能。
 ---スキルショートカットの7番から12番までの拡張スロットは、コンボシステムの適用外。
 
 -コンボについて
 --コンボの段階が進むごとに火力ボーナスが適用される。&color(Red){NewBalanceにより火力ボーナスの倍率が上昇した。};
 &color(Red){''100%→140%→180%→220%→360%→400%''};の順。
 --コンボの際に、コンボ先のスキルを繰り出す前にキャラクターが0.2秒ほど硬直する。これをコンボ硬直という。
 &color(Red){NewBalanceによりコンボ時に一定時間HA化するようになったが、コンボ硬直中もしっかりHA状態になる。};
 --スキルによってはコンボによって拘束が解けるなど、コンボがデメリットになるものもある。
 また、コンボのタイミングが早すぎるとダメージが十分に与えられないスキルも存在する。
 スキルごとの特性を良く把握したうえで有効なコンボを組むことが重要。
 
 -コンボクールについて
 --コンボクールが終了するまでは次の段階のスキルを使用できない。
 --コンボクールはスキルごとに個別に設定されている。
 --1段階目→2段階目のコンボでは、1段階目のスキルのコンボクールが適用される。
 --1段階目に設定されたスキルのコンボクールは通常より0.2秒短くなる。基本的にはメリットだが、攻撃が出る前にコンボを行ってしまうなど注意していないとデメリットにもなり得る。
 --コンボ硬直の最中にはコンボクールが進まない。つまり2段階目以降のスキルはコンボ硬直が0.2秒発生した上で、さらに1段階目のスキルよりもコンボクールが0.2秒長いという状況になる。
 --コンボクールにバグがあるスキルがいくつかある。
 ---[[ウェーブ>#i65481f8]]:コンボクールが存在しない。クールも短いため実用性が非常に高い。
 ---[[ダークエクスプロージョン>#cff4d47f]]:コンボクールの前半はコンボクールを無視してコンボが可能。即時コンボを行っても攻撃判定が発生するため実用性が高い。
 ---[[ダークフォール>#ke96ff20]]:最速で入力すると即時コンボが可能。一瞬でも入力が遅れると通常のコンボクールが発生する。即時コンボを行うと落下物が発生しない。クールも長いため実用性は低い。
 ---[[ウェーブスピン>#ff273c46]]:最速で入力すると即時コンボが可能。一瞬でも入力が遅れると通常のコンボクールが発生する。即時コンボを行うと陣も玉も出ず不発となる。クールも長いため実用性は低い。
 ---[[ダークエクスプロージョン>#cff4d47f]]、[[ダークフォール>#ke96ff20]]、[[ウェーブスピン>#ff273c46]]の3つは、2つ続けて即時コンボをすることが出来ない。例えば[[ダークエクスプロージョン>#cff4d47f]]→[[ダークフォール>#ke96ff20]]→[[ウェーブスピン>#ff273c46]]→[[イリュージョンスラッシュ>#e76b4baf]]のコンボでは、[[ダークエクスプロージョン>#cff4d47f]]を即時キャンセルした後、[[ダークフォール>#ke96ff20]]が即時キャンセル出来ずに最後まで出し切る必要があり、その後[[ウェーブスピン>#ff273c46]]を即時キャンセルして[[イリュージョンスラッシュ>#e76b4baf]]が発動する。
 --コンボクールは攻撃速度やキャスト速度の数値により変動することがある。詳しい条件は不明。
 
 -スロットクールについて
 --スロットクールはコンボスロット内にセットされたスキルのクールタイムの平均値となる。これにより、1止めの小技であってもスロットクールの圧縮のために有用性がある。コンボの組み方次第では大技を10秒前後で回すことも可能。
 --コンボスロット内の最後のスキルを使用すると、その瞬間からスロットクールが発生する。
 --コンボスロット内の途中のスキルを使用した後、動けるようになった瞬間から2秒間経過するとスロットクールが発生する。ただし、以下の行動を取るとスロットクール開始のタイミングが行動終了後1秒に上書きされる。
 ---ダッシュ:停止した瞬間に上書き。
 ---ジャンプ:着地した瞬間に上書き。
 ---通常攻撃:攻撃が終了した瞬間に上書き。
 ---ダッシュ攻撃:攻撃が終了した瞬間に上書き。
 ---アイテム拾い:立ち上がった瞬間に上書き。
 --上記の上書きは何回でも行われるので、例えば小刻みにダッシュを連打することでコンボを維持することが出来る。部屋移動前で5段階目までスキルを出し切り、維持した状態で次の部屋へ行ってから6段階目を叩き込む等も可能。なお、[[バウンスブロー>#nad58026]]は自動で上書きされる判定があるらしく、動けるようになった瞬間から1秒でスロットクールが発生する。
 --コンボ中に別のスロットのスキルやバックステップ等を使用すると即座にスロットクールが発生する。
 コンボを中断させたい時はバックステップでスロットクールを誘発し、スキルの回転率を上げることが可能。
 --コンボ中にノックバック、ダウンすると即座にスロットクールが発生する。
 HAであれば攻撃を受けても維持できる。気絶などで中断された場合も、時間中に解除できれば維持できる。
 --投げ技をコンボに組み込んで空振りした場合、動けるようになった瞬間からスロットクールが発生する。
 投げ技には[[ベインスラッシュ>#w5f75d64]]と[[ダークラスト>#d74e99b4]]が該当。なお、[[ダークラスト>#d74e99b4]]はコンボクール・空振りのモーションともに0.5秒だが、1段階目にセットするとコンボクールが0.3秒になるため、空振りしても0.2秒間はコンボが可能になる。
 
 -キャンセルについて
 --スキル同士のキャンセルの関係性は以下の通り。
 ---拡張スロットのスキル
 「基本攻撃キャンセル可能」の表記のあるものは通常攻撃や[[アッパー>#n5593d5d]]をキャンセルして出すことが出来る。
 「基本攻撃キャンセル可能」の表記のないものは一切キャンセルが出来ない。
 ---コンボスロットに1段階だけセットされているスキル
 「基本攻撃キャンセル可能」の表記のあるものは通常攻撃や[[アッパー>#n5593d5d]]をキャンセルして出すことが出来る。
 「基本攻撃キャンセル可能」の表記の有無に関わらず、別のコンボスロットへのキャンセルが可能。
 ---コンボスロットに2段階以上セットされているスキル
 通常攻撃やダッシュ攻撃をキャンセルして出すことが出来る。
 同じコンボスロット内のコンボの場合はコンボクールを待つ必要があり、0.2秒のコンボ硬直が発生する。
 別のコンボスロットへのキャンセルはどんなタイミングでも可能で、コンボ硬直も発生しない。
 --「基本攻撃キャンセル可能」の表記に誤りのあるスキルがある。
 [[トリプルステップ>#p6cf0e0a]]、[[ダークレイヴ>#h77dfb96]]、[[ダークソード>#a38e16e1]]、[[ダークブレイク>#d40cc66b]]、[[イリュージョンスラッシュ>#e76b4baf]]、[[ウェーブスピン>#ff273c46]]は、「基本攻撃キャンセル可能」の表記があるが実際にはキャンセル不可能。
 --後ろ方向にキーを入れてキャンセルを行うと後ろ方向に振り向いてスキルを発動することが可能。
 便利ではあるが、移動しながら攻撃するスキルをその場で使用したい時にこの仕様が邪魔になることもある。
 方向キー対応スキルは[[アッパー>#n5593d5d]]、[[ピアスストライク>#j923c58c]]、[[ダークソード>#a38e16e1]]、[[スピンアタック>#t3264f05]]、[[ダークフレームソード>#g474a021]]である。
 これらは入力から発生までのわずかな間に後ろキーを入力することでその場でスキルを使用することが出来る。
 
 -コンボシステムの活用方法
 --段階ごとに威力が増すことに着目し、6段階目に高火力のスキルをセットする。
 --クールタイムが平均化されることに着目し、強力なスキルを短クールで回す。
 --他のコンボに即座にキャンセルできることに着目し、単発使用目的のスキルをセットしておく。
 --拘束技をコンボに組み込むことで次の技を安全かつ確実に当てることができる。
 --集敵技をコンボに組み込むことで集団に対する殲滅力を向上させることができる。
 
 -コンボ例
 --高火力コンボ
 [[イリュージョンスラッシュ>#e76b4baf]]などの高火力スキルを5〜6段階目にセットしたコンボ。
 クールの短さ、発動までの早さ、潰されにくさなどを重視すると良い。
 好みにもよるが、基本的には高火力コンボは2枠程度セットしておくと便利。
 --クール圧縮コンボ
 1段階目に使用したいスキルをセットし、2段階目以降はクール圧縮目的で小技をセットし実際には使用しない。
 火力と緊急回避の[[ラピッドムーブ>#u45b265c]]、緊急回避と拘束の[[モメンタリースラッシュ>#r9b699ed]]、集敵と拘束の[[ダークレイヴ>#h77dfb96]]など。
 --雑魚処理用コンボ
 小技のみで構成した短クールコンボがあると雑魚処理が楽になる。
 [[ウィップアタック>#n970a368]]、[[トリプルステップ>#p6cf0e0a]]、[[ブリーフカット>#b92edf21]]、[[ピアスストライク>#j923c58c]]などが使いやすい。
 --ショックウェーブコンボ
 [[ショックウェーブ>#nfef0e92]]は広範囲拘束スキルとして優秀だが、発生が遅く潰されやすいことと硬直が長いことが欠点。
 1段階目にセットすることで少しでも発生の遅さをカバーし、コンボに組み込むことで硬直の長さを解決出来る。
 また、敵をしばらく拘束するため続くスキルを確実に当てることが出来るメリットもある。
 [[ダークソード>#a38e16e1]]など威力は高いが当てづらいスキルと相性が良い。別スロットの高火力コンボに繋げるのも良い。
 
 #areaedit(end)
 ***注意点 [#f3648352]
 -アラドのシステム的にも、従来の職業とは異なる部分が多い
 --転職・覚醒は存在しない。
 --転職の書を購入したり、プレゼントして貰ったりは出来ない。
 --決闘に参加する事が出来ない。(外伝キャラクターは全て決闘不可) 
 --Lv60、70、特性スキルは存在しない。
 --クロニクル装備は存在しない。
 -男鬼剣士とは別キャラ扱い。武器とアバターが共通なだけ。
 --補助・魔法石はダークナイト専用のものになるので購入の際には注意。
 --スキルも鬼剣士とダークナイトは別モノ扱いなので注意。たとえば「[[幻影剣舞>鬼剣士/ウェポンマスター#w6841e56]]スキルLv+1」のついている上着アバターを装備しても、[[イリュージョンスラッシュ>#e76b4baf]]のスキルレベルは上がらない。
 -スキルは物理%、魔法%、物理固定、魔法固定と様々。
 不具合でスロットからスキル詳細を確認すると%の表記がないが、スキルツリーから見れば正常な値が確認できる。
 -ダークナイトのスキルにはコマンドが存在しない。なので、コンボスロットまたは拡張スロットにセットしないと使用できない。
 --鬼剣士に慣れている人は、Zキーで[[アッパー>#n5593d5d]]が出せないことに戸惑うかもしれない。
 --古代の記憶など共通スキルはコマンドでも使用できるが、%%コマンド変更ができない。%%
 --バックステップはコマンドで使用できるが、ショートカットで使用する場合は拡張スロットでしか使用できない。
 普段からバックステップをショートカットに入れて使用している人は使いづらいと感じるかもしれない。
 ***小技 [#f3648352]
 -ダークナイトのシステム上、1段目→2段目…と行く際に途中でスキルを止めて【止まる・走る・歩く】の動作をし一定時間スキルを使わないとコンボが強制的にクールになるが、&color(Red){小走りする事によりクールになるのを防ぐ事が出来る};
 -例えば3段目のスキルでその部屋のモンスターを殲滅し、4段目のスキルを次の部屋で使いたい場合は小走りし次の部屋に行くと良い。
 
 *スキル [#h306769e]
 **物理スキル [#y59cad99]
 #include(ダークナイト/物理スキル1,notitle)
 #br
 #include(ダークナイト/物理スキル2,notitle)
 
 **魔法スキル [#re868bd8]
 #include(ダークナイト/魔法スキル1,notitle)
 #br
 #include(ダークナイト/魔法スキル2,notitle)
 
 **武器マスタリー [#j50eb9fc]
 #include2(ダークナイト/武器マスタリー,,none)
 
 **特性スキル [#u9de85f1]
 #include2(ダークナイト/特性スキル,,none)
 
 *覚醒 [#afd76dd1]
 #region(''ストーリー'')
 「時間の規則をぶち壊す…?」
 #br
 すべての制約から解き放たれた力を…ただ破壊するために使ってきた日々…
 存在可能なすべての時間帯で争いの種を取り除き、
 またそれに彼が疲れを覚え始めた時にタイムロードから聞かされた手がかり。
 #br
 「なるほど…より多くの時間帯の、滅亡に向かっていく規則をぶち壊せば、結果を変えることができるのか!」
 #br
 虚しい空間が果てしなく広がる時間の亀裂から巨大な獅子の姿をした者の声が鳴り響く。
 #br
 「君が望んでいた因果の誤差率が徐々に伸びている。まだ滅亡の結果を免れるほどではないが。」
 #br
 「………。」
 #br
 「がっかりしたのか?因果関係は本来切り離すことができないもの。これでも凄い成果だと思うんだが?」
 #br
 「俺に与えられた時間は限られている。これから数千年を繰り返しても変えられないなら…
 メメット、俺は自分のすべての可能性を最後の時間旅行にかける。」
 #br
 「そうか…今まで集めた時間のかけらと私の力で…
 1つの時間帯くらいなら最も強かった時の力を君に戻してあげることはできるだろう。
 力が最小化された状態で時間が与えた試練に耐え抜いた君を信じて…君の本来の力を取り戻してあげよう。」
 #br
 タイムロードの言葉が終わると、眩しい光と時間のかけらが一つになって彼の体に入り込んだ。
 そしてこれまで集めた時間のかけらとタイムロードの力によって本来の力を取り戻すことができた。
 #br
 「因果の誤差が大きくなると…どの時間帯になるかは私自身にも分からない。
 どうか君の望む時間帯に辿り着けることを願う…。」
 #endregion
 
 **覚醒スキル [#n50d9076]
 #include2(ダークナイト/覚醒スキル,,none)
 
 *コメント欄(Wikiの編集のできない方はココに情報を) [#r3ee15aa]
 &color(red){各ページに設けてあるコメント欄は編集ができない方のためのものです。&br;攻略ページに欠けている情報のみを書いてください。&br;質問は[[アラド戦記したらば>http://jbbs.livedoor.jp/netgame/6969/]]の質問スレへ};
 #pcomment(コメント/ダークナイト,reply)