Top > 用語集
HTML convert time to 0.005 sec.


'用語集' の第10 areaeditの編集

以下のプレビューを確認して、よければページ下部のボタンで更新してください。

下位
「メンバーシステム」の下位メンバーの略。
しかし、メンバーシステムは廃止されてしまった。
学者
2.メイジ二次職である魔道学者の略。
過剰
過剰強化された装備品を指す。
明確な線引きは無いが、紫(レア)装備の壊れる+11以上の強化を過剰の目安とすることが多い。
白字(コモン)・青字(アンコモン)装備は+8より壊れるが紫(レア)と同様に+11以上の強化を過剰とすることが多い。
狩り
モンスターを倒し行くことを意味するネットゲームスラング。
アラド戦記ではダンジョンでのゲームプレイを指す。
火力
=ダメージ力。敵に与えるダメージの量やその能力を表す言葉。
火力が(高い/低い、ある/ない)といった表現が用いられる。
概念的で意味も広いため、より具体的に表すために前後に単語をつける場合が多い。
例:単体火力・集団火力(単体・集団に対する火力)、PT火力(PT全体の総火力)、瞬間火力等
レザー装備のことを指す。
「革」が妥当だが、昔は「皮」と表記されていたためか、現在でも当時の名称で呼ぶ人が多い。
カンスト
カウンターストップ(counter stop)の略。
ゲーム等においてそれ以上ステータスやお金が上がらない状態。
アラド戦記では現在の上限であるLv85の状態を指す。
感電回収
状態異常「感電」にかかった相手に攻撃を当て、追加ダメージを与えること。
感電回収を行うかどうかで総ダメージに大きな差が出るので、出来る限り行いたい。
キャスト速度(キャスティング速度)
呪文を使用する(キャスティング)速さ。他ゲーで言うところの詠唱速度のこと。
キャスト速度を高めると、魔法系スキルの動作が早くなる。詠唱時間の存在するスキル(発動後にキャラ頭上にバーが現れる)の場合、バーの上昇速度も早まる。
※魔法系スキルの一部には、キャスト速度に依存しない動作モーションが含まれる場合あり。
主に魔法職に有用。
強化
NPCキリにゴールドとライアンコークス無色キューブとお金を支払って装備品を鍛えること。
装備品を鍛えることで攻撃力・防御力が上昇する。
「次元の力」などが付いた装備品は強化が出来ない。
関連:増幅
クリパ
クリーンパッドの略。
〜警備
「〜オンライン」と同じく1つのダンジョンを周回し続けることだが、特にドロップアイテム目的で低Lvダンジョンを周回するという意味合いが強い。
以前は警備と言えばダンジョン「誘惑の街ハーメルン」一択と言えるほどで、「ハメ警備」という言葉もあったほどだが、
ドロップ率低下の改変が入ったため、今はあまり聞かない言葉になってしまった。
そしてついにダンジョンも削除されたため、確認射殺も行われた。
限定、限定クエ
  1. 1日に1回のみ進行できる「限定クエスト」のこと。クエストタブに赤字で「限定」と書かれる。
    「1日」は午前6:00にリセットされ、再びクエストが現れる。
    利用制限があるものの、報酬アイテムや経験値が繰り返し得られるため、金策・Lv上げ・古代装備作成などに利用される。
  2. 上記の物の中でも中盤以降の「魔石」が報酬として得られるクエストを指すことが一般的。
    報酬でもらえる「混沌の魔石のかけら」「空虚の魔石のかけら」はクエストなどで大量に消費するため
    日々クエストを消化する人も多い。
    削除されました。
限定PT
上記の限定クエストを消化するPT。
クエストの達成条件に「2人以上のPTでクリア」という条件が含まれていることが多いため、よく野良で募集されている。
高難易度を複数回攻略するクエストであるため、それなりの装備とレベルで行くのがマナーとされている。
コイン
フォーチュンコインの略
コンテニューコインの略
ミスティックコインの略
クリーチャーコインの略
コインギルド
ギルドがLVUPするときにコンテニューコインが配布されることに着目した運営形態のギルド。
コインが欲しいメンツが集まってギルドレベルアップを図る。
一般的にコインギルドに加入するメンバーは無料枠メンバーと有料枠メンバーで区別される。
・コインギルドの流れ
1.コインギルド開設
2.無料枠メンバーを募集
3.無料枠メンバーで経験値を貯める
4.目標までの経験値が溜まったら、有料枠メンバーを募集
5.有料枠メンバーからギルドLVUP費用を集金
6.ギルドLVUPでコイン配布後、各自脱退。
無料枠メンバーは時間が掛かるが、お金も一切掛からない。
有料枠メンバーは時間は掛からないが、お金が掛かる。
ギルドについて詳しくはこちら
コイン制限
クリアするまでに使用できるコンティニューコインの枚数に上限が定められていることを指す。
ソロでもPTでも使える枚数は一定である。
コインのごり押しで進められないようにするための制限。
抗魔
高レベル装備に付いているステータス値。
異界ダンジョンにのみ関係ある数値で、他のダンジョンでは全く影響しない。
詳しくは抗魔参照
固定職
固定攻撃力タイプの攻撃スキルをメインとする職業。(攻撃力タイプについてはこちらを参照
武器強化値の影響が小さく、どんな武器でも(極論、素手であっても)ある程度のダメージを出せる。
逆をいえば、武器を鍛えても目に見えて強くならないため、立ち回りの仕方が重要になってくる。
対義語:%職
ゴブパ
ゴブリンパッドの略。
ごみ箱
ランダムボックス(現アメイジングボックス)の事。
公式の説明によれば、レテの珠や成長の秘薬(経験値2倍)、強壮剤も出現するが
実際は非常に低確率でしか出現せず、コインメダリオンや彼女の蹴りばかりが出ていた為、皮肉を込めてこの呼び方で呼ばれた。
その後ランダムボックスは撤廃・リニューアルされ、アメイジングボックスに置き換わったが
リニューアル後も結局同じものばかりが出たため「ダメ維持ingボックス」と揶揄されたこともあった。
現在のアメイジングボックスは幾度かのリニューアルを繰り返し、多少はマシな中身が入っている…はずである。