Top > 武器 > 格闘家
HTML convert time to 0.002 sec.


'武器/格闘家' の第1 areaeditの編集

以下のプレビューを確認して、よければページ下部のボタンで更新してください。

武器のヒットストップと「重さ」 Edit

以下は、通常攻撃では武器種によってのみ決まり、
数値には表されていないが、使い勝手を決める重要素となっている。
自身で武器を試す時に意識しておくと、個々の特徴を理解しやすいだろう。

ヒットストップ Edit

武器が敵に当たった時、ひっかかった様に感じる事がある。これはヒットストップと呼ばれ、
敵に命中したときに攻撃が僅か止まり、続く攻撃の速度が低下する為に起こる。
連続ヒットさせるほど、累積的に速度は低下していく。
「ヒットストップが大きい」とは、この速度低下量が大きい武器を指す。
多くの敵に対して連続HITした場合、自身の動作は遅れるが敵の硬直時間は変わらないので、
反撃を受ける可能性が非常に高くなる。

  • 一般に攻撃速度の速い武器ほどヒットストップは小さいが、
    トンファーは例外的に、攻撃速度に比べヒットストップがかなり大きい。

攻撃の「重さ」 Edit

攻撃が命中すると、敵はしばらくの間、無防備のまま行動不能となる。
これは硬直(ヒットスタン)と呼ばれ、硬直中に次攻撃がHITすることで連続攻撃(コンボ)となる。
武器の攻撃には「重さ」、つまりこの硬直時間を与える長さが設定されている。
一般には威力型武器ほど攻撃は「重い」。これらでゆっくりとコンボが繋がるのはこの為である。
ちなみに硬直時間はヒットリカバリー値で短縮される。

  • クローは比較的威力重視のタイプだが、この「重さ」が軽く、敵の硬直が短い。