Top > 用語集
HTML convert time to 0.005 sec.


'用語集' の第11 areaeditの編集

以下のプレビューを確認して、よければページ下部のボタンで更新してください。

3次
レアアバターのうち3期目に発売されたもの。詳細は下記。
鬼:ダークナイト、格:赤血闘衣アーマー、銃:ブラッククロー、魔:グランドマスター
自職
自職スキルのついた2次クロニクル装備で全身を固めていること。
ただし、ハルギのボーンリングや主要スキルをブーストできる装備等は可とされることが多い。
主に異界キングスロードPTで使われる。
似たような言葉で「職別」という言葉があるが、前述の意味ではない為注意。(詳しくは「職別」参照)
死放置
ダンジョン中に死んでしまった後に復活することなく、そのまま死んだ状態でいる事。
PTプレイでの協力すべき責任を放棄している地雷行為にあたる。
ちなみに死放置すると「幽霊状態」となり、経験値やアイテムが入手できないペナルティが課せられる。
意外とあっさり死亡する割に、復活に必要なコンティニューコインの供給が限定的なので
コインギルドの存在を知らないアラド初心者やリアルマネーに余裕がない低年齢層がよく行う。
もしPTリーダーをするなら加入申請でコインがあまりに少ないようなプレイヤーには注意しよう。
アイテム「地獄パーティー招待状」及び「地獄パーティー挑戦状」の略。
上位
「メンバーシステム」の上位メンバーの略。
浄化
異界の気を強く帯びていて装備本来の能力を発揮していませんと書かれた装備品に
「異界の気の浄化書」を使用すること。
浄化することで装備できないなどのペナルティを解除できる。
関連:異界の気・増幅
地雷
協調するつもりがない、迷惑になることを繰り返すといった害悪なプレイヤーのこと。
蔑称であるので本来はおいそれと使うべきではない。
 
『一見、そうは見えないので気付かないまま放置され、問題に触れたときに大きな害を受ける』
潜在する致命的な問題である事からの例え。
PTを組んだ時点ではわからず、プレイ開始してから問題が発生する状態を比喩して使われる。
 
注意してもPTプレイのマナーを守らない/守れないプレイヤーは論外だが、
色々とわかっていない初心者には、まずは優しく指摘してあげよう。
「頑張ったつもりがジャマにしかなっていなかった」というのは初心者には珍しくない。
 
元々はマイナスに至るほどの損害を与えるようなプレイヤーのことだったが
アラド戦記のプレイ年層が低いからか、「気に食わない」「少し力量が足りない」程度でも
すぐさま地雷呼ばわりされることが横行してしまっている。
白字
ノーマル、名称が白色の装備のことを指す。
詳しくは装備品についてを参照のこと。
スタック
  1. 攻撃が回避された(HITしなかった)事を表す。
    ゲーム中ではダメージ数値の変わりに「Stuck」の文字が出る。
    自分の攻撃がスタックすると、ダメージはもちろんのけぞりなどもなく、攻撃動作が隙そのものとなる。
    「スタックに注意」とは、攻撃を回避された際に反撃される危険があるので、
    スキルなどで即座に対応出来るよう注意すべしと云う意味合い。
    ダンジョンのランクが上がる程、また敵とのLv差が大きい程、攻撃が回避されやすい=スタックしやすくなる。
    無論、スタックが多ければ、それだけで攻略は困難を極めるだろう。
  2. アイテムをインベントリ1マスに重ねて所持する事。
    消費アイテムや材料アイテムなどで可能で、インベントリマスを複数使用せずに持つことが出来る。
    ただし、大半は最大所持数が設定されていて、所持できる数量に制限がある。
ダンジョンを攻略する際、全てのマップに寄ること。
前提
前提スキルのこと。新スキルを取得する前提条件として、習得していなければならないスキルとそのLv。
掃除機
バーサーカーのスキル「ブラッディレイヴ」のこと。
渦を発生させ、一カ所に引き込む見た目から。
この呼び方の他に「ダイソン」と呼ぶ事もある。
増幅
NPCクロンターにゴールドと矛盾の結晶体を支払うことで装備品を鍛えること。
「次元の力」などが付いた装備品しか増幅することが出来ない。
NPCキリでの強化とは似て非なるもの。
この増幅をするためにはレアな材料が必要になるため、かなりの資金を要求される。
強化との違いを理解していないと泣くことになる。
関連:強化
属性
辞書的な意味では「物事の性質・特徴」
このゲームの中では主に次の意味で使われる
・「打撃・斬撃」「近距離・遠距離」「物理・魔法」といった攻撃の持つ特性
・「火・水・光・闇」といった色分け的な分類
属性付与
本来の属性に「火・水・光・闇」の新しい属性をくっつけること。
「火+水」のように2種類の属性を同時に発揮するようになったりする。
・武器に魔法カードで(永続的に)属性を付ける
・スキル・消費アイテムで(一時的に)属性を付ける
といった手段がある
属性強化
「火・水・光・闇」の攻撃をした際にダメージを大きくする能力。
火力増加のために、どんな職業でも重要視されている。
無属性はこの能力が存在しない。
もともとは無属性の攻撃も属性付与の方法によっては属性を持つようになったりする。