Top > ダークナイト > 特性スキル
HTML convert time to 0.002 sec.


'ダークナイト/特性スキル' の第12 areaeditの編集

以下のプレビューを確認して、よければページ下部のボタンで更新してください。

ダークボールの多段ヒット間隔が減少して多段ヒット数が増加する。
1レベル当たりの多段間隔減少値:0.01秒
1レベル当たりの多段ヒット数増加量:3回
先行スキル:ダークボールLv10

  • TPスキル未取得の状態では間隔が0.12秒で14ヒットのため触れてから爆発まで0.12*14=1.68秒。
    これがLv1取得で0.11*17=1.87秒、Lv2取得で0.1*20=2秒、Lv3取得で0.09*23=2.07秒となる。
    高Lvを取得するほど攻撃密度、拘束時間ともに増すため使い勝手が良くなる。
    ただし、間隔の減少により1ヒット当たりの拘束時間が減るデメリットはヒット数が増えるほど大きくなるので、拘束目当てでTP効率を追求するならLv1止めが最も効率が良い。
  • 火力に関して言えば、TPスキル未取得の状態で14ヒット+爆発部分がおよそ3ヒット相当で計17ヒット相当。
    Lv1取得で20/17=約118%、Lv2取得で23/17=約135%、Lv3取得で26/17=約153%の火力となる。
    TP2当たり約12%の火力上昇となるので他のTPスキルと比べてTP効率が良い。
    ヒット数増加による使い勝手の向上も加味するとかなり優秀なTPスキルであると言える。

    Lv要求
    Lv
    TP多段ヒット間隔減少値多段ヒット数増加量
    15530.01秒3回
    2600.02秒6回
    3
    (M)
    650.03秒9回