Top > 鬼剣士 > ウェポンマスター > 2次覚醒スキル
HTML convert time to 0.003 sec.


'鬼剣士/ウェポンマスター/2次覚醒スキル' の第3 areaeditの編集

以下のプレビューを確認して、よければページ下部のボタンで更新してください。

剣神の境地に至り発揮する最上位の剣術で、特定攻撃時に武器を自由自在に操って敵を攻撃する。

  • スキル持続中は、特定の攻撃を当てた相手に対し、自動的に「貫く剣」による追撃が発生する。
    例えるならバトルメイジのチェイサーが弾数無制限に自動発動するような状態になる。
    • 貫く剣発生数は以下の通り。
      • 1個:基本攻撃、鬼剣術奥義、ジャンプ攻撃、ダッシュ攻撃、断空斬、アッシュフォーク、猛竜断空斬
      • 2個:流心 衝、快、昇
      • 4個:幻影剣舞、心剣
      • 5個:チャージバースト
    • 多段ヒットスキルの場合、貫く剣発生数は1ヒットごとではなく、スキル全体での発生数である。
      また、複数の敵に同時にスキルを当てた場合、貫く剣はそのうちの1体にしか追撃しない。
      例えば、敵集団に幻影剣舞を全段ヒットさせても、貫く剣は合計4本しか発生しない。
    • 基本攻撃や断空斬のように追加入力できる攻撃では、貫く剣は追加入力1回ごとに1本発生する。
      例えば小剣の鬼剣術奥義(3連続入力)なら3本、光剣+TP断空斬(7連続入力)なら7本発生する。
  • 「貫く剣」はヒットするまで若干遅れがあるため、一瞬で殲滅できるようなザコ戦では効果が薄い。
    • 死体にも自動追撃して浮かしてしまうため、死体がお手玉状態になってなかなか消滅しないことも。
  • 持続時間が切れない限り、部屋を移動しても効果は継続する。
  • 持続時間が限界まで経過すると、自動的にフィニッシュ攻撃が発動する。
    • 持続中にもう一度コマンドorショートカット押下で、任意タイミングでフィニッシュ発動も可能。
      ただし、自キャラが地上で、動ける状態でないと任意発動はできない。
      自キャラがジャンプ中、ダウン中、気絶中、他のスキルの硬直時間中などは発動不可。
    • 貫く剣を射出中に任意フィニッシュを入力すると即時発動せず、剣が全て背に戻ってから発動する。
      入力自体は先行で受け付けられているため取り消しはできない。
  • フィニッシュ攻撃は、発動した瞬間にフロア内の敵1体を強制的に浮かせて完全拘束し、
    「御剣術」で14回攻撃した後、拘束した敵を中心とした広範囲に「以気御剣術」による
    一閃+爆発で2回ダメージを与える。
    • 近くに他の敵がいた場合、「御剣術」と「以気御剣術」は拘束した敵以外にもまとめてヒットする。
    • フィニッシュの拘束は、投げ無効の敵、浮かない敵、地形固定タイプの敵も拘束できる。
    • 拘束できる射程は縦軸横軸ともに制限がなく、フロア内に敵が存在すれば画面外でも掴める。
      ボス部屋の入り口から動かずに開幕でボスを掴む、等も可能。
    • 浮かせ〜最終爆発まで脱出されない完全拘束であり、拘束時間は約6秒。
    • フィニッシュ攻撃の発動モーションには殆ど隙や硬直がなく、相手を拘束したまま
      自キャラは自由に行動できる。
    • 拘束対象は ボス>ネームド>HPが多い敵 の優先順位で自動的に選ばれ、任意に指定はできない。
      • フィニッシュ発動時に無敵時間中の敵は掴めない(拘束の候補にならない)。
      • 掴める敵が1体もいない場合は、フィニッシュ攻撃は自キャラ前方の空間に向けて発動する。


SP使用時間クールタイムキューブ
消耗量
コマンド使用
500即時発動180秒10個MP-5.0%
クールタイム-5.0%


Lv要求
Lv
MP
消耗量
持続時間貫く剣攻撃力御剣術攻撃力
(14HIT)
以気御剣術攻撃力
(2HIT)
185250030秒480%720%2876%